このページの本文へ

エーピーコミュニケーションズとのJV、日本市場への本格参入を開始

OpenStack専業ベンダーのミランティスが日本法人を設立

2016年07月06日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OpenStackに特化したサービス/製品を提供する米ミランティスは7月5日、日本法人「ミランティス・ジャパン株式会社」を設立し、日本市場への本格参入を開始すると発表した。米ミランティスと、日本のSIベンダーであるエーピーコミュニケーションズとの合弁会社(JV)として設立される。

日本語化されたミランティス・ジャパンのWebサイト

 米ミランティスは、企業向けサービス/製品を提供するOpenStack専業ベンダー。数百名規模の専門技術者を擁しており、独自のOpenStackディストリビューション「Mirantis OpenStack」の開発/提供をはじめ、OpenStackシステム構築のコンサルティング、インテグレーションなどのサービス、エンジニア向けトレーニングなどを提供している。グローバルでは大企業顧客を多く持ち、今年4月には独フォルクスワーゲンがMirantis OpenStackを採用したと発表している。

 同社日本法人となるミランティス・ジャパンの設立日は7月15日(予定)。代表取締役社長には、ベライゾン・ジャパン社長やシスコシステムズ専務執行役員などの経歴を持つ磯逸夫(いそ いつお)氏が就任する。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ