このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第15回

他サービスのパスパードを使いまわすのは絶対NG

アナタのLINEが詐欺の温床に! 乗っ取り被害はどう防ぐ?

2016年07月05日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

アナタのLINEが乗っ取られて詐欺の温床に!?

 2014年頃から「LINEの乗っ取り」はたびたびに話題なってきた。実際は様々なSNSアカウントにおける乗っ取り被害が起きているが、LINEはコミュニケーションツールとして広く普及したため、特に狙われることが多い。

 乗っ取りで起きる被害にはいくつかのパターンがある。まず流行したのは、乗っ取り犯が「iTunes Card」や「WebMoney」などのプリペイドカード購入を依頼してきて、カード裏のプリペイド番号を写真で送らせて現金化し、騙しとるという詐欺。

 あなたのLINE友だちは、乗っ取り犯をあなただと思うからこそプリペイドカード詐欺に遭ってしまうのだ。

 その後は、乗っ取り犯がLINEに送りつけてきたURLをクリックするとスマホの中の個人情報が盗まれてしまい、データを元に脅迫されるタイプの事件も起きている。

 このような被害に遭うと、周囲にも迷惑をかけてしまうことになる。乗っ取られないための設定を再度見なおしておこう。

パスワードを変更しよう

 乗っ取りが相次いだのは、1つのサービスからIDとパスワードが流出し、そのIDとパスワードで不正アクセスを試みる「パスワードリスト攻撃」をされたため。つまり、IDとパスワードを使いまわしていると、不正アクセスされてしまうリスクが高まるというわけだ。

 サービスごとにID、パスワードを変えるのが、乗っ取りを防ぐために最も有効な手段なのだ。パスワードの変更方法は、「設定」→「アカウント」→「メールアドレス変更」→「パスワード変更」とタップし、現在のパスワードを入力し、その後新しいパスワードを入力して「OK」をタップで完了だ。

1. 「設定」→「アカウント」をタップ2. 「メールアドレス変更」をタップ
3. 「パスワード変更」をタップ4. 現在のパスワードを入力
5. 新しいパスワードを入力して「OK」をタップ

 LINEブログでも注意点として挙げられているが、自分の名前や誕生日、電話番号、辞書に登録されている単語、メールアドレスやアカウント名と同じものにするなど、推測されやすいパスワードは避けるようにしよう。

LINE公式ブログ

他の端末からログインできない設定にする

 PCなどからLINEを使わないなら、普段使用している端末以外からのログインができないようにしておくと安心だ。「設定」→「アカウント」→「ログイン許可」をオフにしておこう。

 もし「ログイン許可」をオンにしていて乗っ取られたり不正アクセスを受けた場合、「PCでLINEにログインしました(できませんでした)」などの通知がくる。覚えがないこのような通知がきた場合は、乗っ取られた、または乗っ取りの標的になっている可能性がある。「設定」→「アカウント」→「ログイン中の端末」とタップ。覚えがない端末は「ログアウト」をタップして、LINEを使えなくしてしまおう。

1. 「設定」→「アカウント」をタップ2. 「ログイン許可」をオフ。「ログイン中の端末」からログアウトで覚えがない端末を強制ログアウトできる

乗っ取られてしまったら素早い対処が大切

 なお、乗っ取られてしまった場合は、友人・知人などに被害が広がらないよう、一刻も早く連絡することが大切だ。メールなどの他、Facebookなど他のSNSも利用して知らせよう。

 ログインを試してログインできた場合は、急いでパスワードを変更しよう。ログインできない場合は、乗っ取り犯にパスワードを変更されている可能性が高い。被害が広がる前に、運営会社にアカウント削除依頼をするのがお勧めだ。

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。最新刊『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎エデュケーション新書)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』『図解 一目でわかるITプラットフォーム』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン