このページの本文へ

実売価格は2万2800円、19日発売

洗練デザインで話題のスマートウォッチ「Withings Activité Steel」国内発売決定

2016年05月12日 15時16分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 仏Withingsは5月12日、スマートウォッチ「Withings Activité Steel」を5月19日に国内で発売すると発表した。

 国内代理店はソフトバンク コマース&サービス。Amazon.co.jp、一部の家電量販店、SoftBank SELECTIONオンラインショップを通じて販売する。

 Withings Activité Steelは、同社の「Withings Activité」に通じる金属素材を主体としたデザインと、樹脂製の「Activité Pop」の気軽さ、手頃な価格を両立したという製品。ケースはステンレススチールで、針はクローム製。タキメーターにインスパイアを受けたというサブメーターもデザイン上の特徴だ。

 装着することで、歩行、ランニング、スイミングを自動的に認識し、それぞれのアクティビティーのデータをBluetooth経由でiOS/Android向け専用アプリ「Withings Health Mate」と同期する。また、睡眠のトラッキング機能、バイブレーションによる⽬覚まし機能もそなえる。

 ブラックとブラック&ホワイトの2色展開。カラーバリエーションは今後追加していく予定だとしている。価格はオープンプライスで、実売価格は2万2800円になる見込み。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン