このページの本文へ

平成28年 熊本地震 関連記事第4回

G-BOOK搭載車のプローブ情報からマップ化

トヨタ、熊本地震を受けた地域の「通れた道マップ」を公開

2016年04月15日 09時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月14日、トヨタは同日起こった熊本地震に影響を受けた地域の「通れた道マップ」を参考情報として公開した。

G-BOOK搭載車両のプローブ情報を元にした通行実績をマップ化

 通れた道マップは、同社のG-BOOK搭載車両から収集したプローブ情報を元にした被災地周辺の通行実績を参考情報として提供するもの。直近約24時間の通行実績情報を1時間ごとに更新し、最新24時間のデータの他に、データ更新された最新1時間、最新3時間、最新6時間ごとについても確認できる。「3回未満の走行実績」「3回以上の片方向実績」「3回以上の往復実績」が色分け表示され、被災地での通行で実用性の高いものになっている。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART