このページの本文へ

【全力特集】4型のiPhone SE&9.7型iPad Proが登場! ― 第19回

撮影サンプルを交えて解説

4K動画や自撮りフラッシュに対応、iPhone SEのカメラ性能を試す

2016年03月31日 18時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4K動画や240fpsのスローモーションにも対応!

4Kビデオの撮影および720p/240fps、1080p/120fpsの動画撮影に対応。設定から「写真とカメラ」へ進むと撮影画質を設定できます

 続いては動画性能。iPhone 6sとおなじく、4Kビデオの撮影および720p/240fps、1080p/120fpsのスローモーション動画撮影に対応します。いずれも「設定」の「写真とカメラ」から設定すれば使用できます。

 これはiPhone SEで撮影した4K映像。細かな枝別れや葉っぱの揺らぎ、服の質感などまで正確に描写できています。YouTubeの画質設定画面より解像度を4Kに設定してご覧ください。解像度が4Kに足りていないディスプレーで見ても、HDやフルHDの動画とは精細感が異なることが確認できます。

 続いてはスローモーション動画をチェック。

スローモーション動画もパワーアップ。よりなめらかに撮影できます

 720p/240fpsで撮影したスローモーション動画です。スローモーション部も画質の粗が少なく、なめらかに動くのが確認できます。こちらもぜひYouTubeの画質設定画面よりfpsを最大にしてご覧ください。

 使ってみると意外におもしろい「タイムラプス」にももちろん対応しています。

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中