このページの本文へ

なつかしの「ホットチキンバーガー」まで戻ってきた

モスライスバーガー「焼肉」復活! とりの照り焼きも出るよ!

2016年01月26日 12時55分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モスフードサービスは2月9日から全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、「モスライスバーガー『焼肉』」を定番商品として販売。また、「ホットチキンバーガー」を同日から3月下旬までの期間限定で販売する。

「モスライスバーガー『焼肉』」(左)「ホットチキンバーガー」(右)

 モスライスバーガーの「焼肉」は、1990年より「やきにくライスバーガー」としてデビュー。多くのユーザーに親しまれ、看板メニューの一つとなった。ご飯を焼き固めたライスプレートと、しょう油ベースのモスオリジナル焼肉だれが染み込んだ牛肉がマッチした味わいで、仕様変更を繰り返しながら販売されてきたが、2012年10月に一時販売を終了した商品。

 全国で実施したモスフードサービス社長と全国のユーザーが直接対話するイベント「モスバーガータウンミーティング」や、同社の「お客様相談室」によせられた問い合わせの中で、復活を要望する声が最も高かったということで、定番商品としての復活となった。価格は390円。

 そして次に要望が多かったのが1993年デビューのホットチキンバーガー。細かいパン粉を使用し、サクっとした衣で揚げた鶏ムネ肉のチキンフライに、細切りレタス、オリジナルのホットソース、スライスしたトマトをのせバンズでサンドした。ホットソースはダイスやピューレ、ペーストなどさまざまな形状のトマトを使用して、甘みとコクのある旨味を引き出したモスこだわりのソースだ。価格は360円。

 さらに、「2015年ミラノ国際博覧会」(ミラノ万博)で限定販売した商品を、国内向けにアレンジした「モスライスバーガー『とりの照り焼き』」も2月9日から3月下旬までの期間限定で販売される。

「モスライスバーガー『とりの照り焼き』」

 イタリアで開催されたミラノ万博の日本館フードコートにて提供された「ライスバーガーテリヤキチキン」をアレンジしたもの。とりの照り焼きの上に、オニオンスライス、グリーンリーフ、モスオリジナルのマヨネーズをのせてライスプレートではさんだ。価格は400円。

 なお、モスバーガーはこれらの発表にあわせ、全ライスバーガーのライスプレートを20%増量しているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社