このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

トレンドは大容量化・低価格化、一方で「無制限」プラン廃止

OneDriveから乗り換えたくなるクラウドストレージ徹底比較

2015年11月26日 09時00分更新

文● 田口和裕 編集●飯島恵里子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
愛用しているクラウドストレージが、ず~っと同じプランを提供し続けるとは限らない……

 11月5日、日本マイクロソフトはクラウドストレージサービス「OneDrive」の日本でのプラン変更について公式ブログで公表した。

・Office 365 Solo、Office Premium(Home/Personal/University)契約者の1部が利用できた容量無制限を撤廃、1TBに変更。

・2016年初旬に100GB(月額190円)、200GB(月額380円)の有料プランが廃止され、以後は50GB(月額1.99米ドル)のみになる。

・無料プランの容量を現在の15GBから5GBに縮小、さらにカメラロールのボーナスとして提供されている15GBの追加ストレージも廃止される。

 以上のように、どのプランも容量が大幅に縮小されいてユーザーにとっては紛れもない改悪と言えよう。

 プラン内容が途中で変更されたのは、OneDriveだけではない。BitcasaやトレンドマイクロのSafeSyncなども過去に容量無制限プランを撤廃しているし、容量や料金など細かいプランの変更は他競合サービスでも頻繁に行なわれている。

 この記事では、現在広く使われているクラウドストレージ、9サービスの機能や使い勝手、最新の料金プランなどを調査。乗り換えや併用の検討材料にしてほしい。


(次ページ「クラウドストレージ、9サービスをじっくり比較」へ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART