このページの本文へ

みずほ銀行、LINEスタンプで残高を通知するサービスをついにスタート

2015年10月15日 21時10分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
みずほ銀行

 みずほ銀行が本日10月15日に、『LINEでかんたん残高照会』のスタートを正式にリリースした。LINEのトーク画面に専用スタンプを送れば、残高照会や入出金明細の照会ができるサービスだ。

サービスの登録すればスタンプのみでやり取り可能

 『LINEでかんたん残高照会』を利用するには、みずほ銀行のLINE公式アカウントとまずは友だちになること。みずほ銀行の口座を持っていることことが前提となる。

 みずほ銀行とのトーク画面で、メニューから“登録”を選択すると、“インターネット残高照会サービス”、および“LINEでかんたん残高照会サービス”を登録するURLが送られてくる。“インターネット残高照会サービス”には、店番号、口座番号、名前・生年月日、キャッシュカード暗証番号、通帳最終残高、といった情報が必要だ。あらかじめ、“インターネット残高照会サービス”を登録している人は、手続きをスキップできる。

みずほ銀行
みずほ銀行

 サービス登録後、みずほ銀行のキャラクターが描かれた専用スタンプ『ハリ田みず吉の教えて!スタンプセット』のダウンロードに進める。

 スタンプをダウンロードしたら、トーク画面上でスタンプを送信するだけで「残高」、「入出金明細」の照会結果が通知される。トーク画面上にスタンプではなく「残高」、「明細」と文言を送信しても、同じ通知が届く。

みずほ銀行

 利用停止や、ログインパスワードの変更は、みずほ銀行のWEBサービスから可能だ。

LINEでの残高通知は危険か?

 みずほ銀行のLINEサービスについて、スタート以前から「LINEのアカウントが乗っ取られたらどうなるのか」といった心配点がささやかれていた。LINEスタンプだけで銀行とやりとりできるあまりの手軽さに、不安を抱くスキがあるのだろう。

 実際に安全面はどうだろう?

  一時期は問題視されたLINEの乗っ取りも、LINE側がセキュリティーの施策を重ねて行なったことで、現在はあまりきかれなくなっている。みずほ銀行では、LINEのPINコードの設定、他端末からのログイン許可をオフにする等、ユーザーが細心の注意を払うことを促している。

 インターネットを介するサービスに100%の安全はない。利用者は便利ということにかまけるのではなく、できる限りのセキュリティー策を抑えておくべきだろう。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART