このページの本文へ

ストレージ仮想ソフトを事前設計済みサーバーにバンドル

EMC、ストレージ仮想化を加速するSDS製品「ScaleIO Node」

2015年10月05日 14時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EMCジャパンは10月5日、エンタープライズ起業やサービスプロバイダのストレージ仮想化を加速するSoftware-Defined Storage(SDS)製品「EMC ScaleIO Node」を発表した。価格は3ノード構成で2084万1750円(税別)から。2016年第1四半期から提供する。

 「ScaleIO」は、コモディティサーバーに構成されるさまざまなストレージデバイス(SSD/PCIeフラッシュカード/HDD)を抽象化・統合することで仮想ストレージプールを作成し、柔軟に拡張可能な共有ストレージを構築するソフト製品。今回の「ScaleIO Node」はEMCが提供するサーバーとバンドル提供するもので、事前に検証/テスト/構成されるため、迅速にスケールアウト型サーバーSANを導入展開できるのが特長。

EMC ScaleIO Node

 サーバーは、容量に最適設計したコモディティサーバーを搭載した筐体と、性能に最適設計した筐体を用意。特定の筐体タイプでスタートし、ニーズの移り変わりとともに筐体を変更できる。異なる筐体の併存も可能なため、容量計画が容易で、「pay as you grow」アプローチにより、インフラの容量変更が必要になった際には、コモディティサーバーの追加や削除で対応できるとしている。

 ネットワークスイッチについては、顧客の既存スイッチを利用できるほか、EMCが提供するAristaスイッチを購入するというオプションも用意。管理ネットワークに1Gbpsモデル、データネットワークに2つの10Gbpsモデルを提供する。ラックも同様に、顧客自身のラックを利用することも、EMCラックを購入することも可能だ。

 これらにより、単一ラックで最大60サーバーノードまで拡張でき、クラスタとして複数ラックで1000ノード以上まで拡張できる。パフォーマンスもリニアに拡張でき、従来のSANより8倍のIOPS性能も実現可能という。

 運用管理については、各サーバーノードで実行するOS/ハイパーバイザーを選択し、単一システムとして容量サーバーノードと性能サーバーノードを拡張/混在できる。経済性については、従来のSANインフラと比べて、電気/冷却/スペースの効率性を50%以上向上できるとのこと。

 価格は、3ノード構成で2084万1750円(税別)。2016年第1四半期からEMCジャパンおよびEMCジャパンのビジネスパートナーから提供する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ