このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

OSはWindows 10 Home(64bit)を採用

東芝、4K対応15.6型ノートの2015年秋冬モデルはSkylake搭載!

2015年09月03日 14時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook T95/T」

 東芝は9月3日、2015年秋冬モデルでWindows 10 Home(64bit)を採用する15.6型ノートパソコン「dynabook T95/T」「dynabook T75/T」「dynabook T55/T」「dynabook T45/T」を発表した。9月18日より順次販売開始予定。

4K対応ノートの秋冬モデルは、Skylake搭載!

 dynabook T95/Tは、4K解像度に対応する15.6型ノート。2015年夏モデルと比べスペックが向上したほか、OSにWindows 10 Home(64bit)を採用。インテルの第6世代CPU「Skylake(開発コードネーム)」を搭載するのも特徴となっている。

 スピーカーは2015年夏モデル同様harman/kardon製を採用。また、ハイレゾ音源に対応した「TruLINK+」を標準搭載し、ハイレゾ対応ヘッドフォンを使用すればハイレゾ音源が楽しめる。ハイレゾ音源を配信するe-onkyo musicと連携し、楽曲の購入やジャケット写真のダウンロードをサポートする。

 そのほかHDMI出力端子がHDMI 2.0になり、4K解像度で毎秒60フレームの転送が可能になった。デュアルマイクを内蔵し、話者を識別できるレコーダーアプリ「TruRecorder」も標準搭載する。

 dynabook T95/Tの主なスペックは、Core i7-6700HQ(2.6GHz)、8GBメモリー、1TB ハイブリッドHDDという構成だ。無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応している。Blu-ray Discドライブを内蔵する。

 インターフェースはUSB 3.0端子×4、HDMI 2.0出力端子×1、ヘッドセット/ヘッドフォン端子×1、有線LAN端子×1、SDカードスロット×1など。サイズはおよそ幅380.0×奥行259.9×高さ24.5mmで、重さはおよそ2.4kg。予想価格は25万円台前半。

dynabook T95/Tの主なスペック
機種名 dynabook T95/T
CPU Core i7-6700HQ(2.6GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 530
メモリー 8GBメモリー
HDD 1TB ハイブリッドHDD
ディスプレー 15.6型(3840×2160ドット)、IPS液晶
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ
インターフェース USB 3.0端子×4、HDMI 2.0端子×1、有線LAN端子×1、ヘッドセット/ヘッドフォン端子×1、SDカードスロット×1
内蔵カメラ およそ92万画素ウェブカメラ
スピーカー haraman//kardon製ステレオスピーカー
バッテリー駆動時間 約3.5時間
サイズ/質量 およそ幅380.0×奥行259.9×高さ24.5mm/約2.4kg
OS Windows 10 Home(64bit)

(次ページ「15.6型のスタンダードノー トもWindows 10搭載モデルに!」へ続く)

前へ 1 2 3 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー