このページの本文へ

ASUS「MAXIMUS VIII HERO」、「MAXIMUS VIII RANGER」

ASUSの「R.O.G.」シリーズからZ170搭載マザー2モデルが登場

2015年08月12日 22時55分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUS製のZ170チップセット搭載マザーボード「MAXIMUS VIII HERO」と「MAXIMUS VIII RANGER」の販売が始まった。どちらもゲーマー向けモデル「R.O.G.」シリーズの製品だ。

ゲーマー向けモデル「R.O.G.」シリーズの新製品として、Z170チップセット搭載マザーボード「MAXIMUS VIII HERO」と「MAXIMUS VIII RANGER」が発売に

 どちらの製品もゲーマー向け機能が充実したLGA1151対応マザーボードの新モデル。高音質ゲーミングオーディオ機能の「SupremeFX 2015」や「Sonic Studio II」、CPUの負荷が低いインテル製ギガビットLANや、データ通信を最適化しラグを減らす「GAMEFIRST III」、メモリーの一部をSSDキャッシュとして割り当てることでゲームのロード時間を短縮する「RAMCACHE」などの機能をサポートする。

 「MAXIMUS VIII HERO」の主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×3、M.2スロット×1。メモリースロットはDDR4-DIMM×4(DDR4-3733/3600/3466/3400/3333/3200/3000/2800/2666/2400/2133、最大64GB)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Intel/I219V)、7.1chサウンド、SATA3.0×8 、SATA Express×2、USB 3.1×2、USB 3.0×6などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、DisplayPortを備える。

「MAXIMUS VIII HERO」。DDR4メモリーはDDR4-3733までサポートされる

 下位モデル「MAXIMUS VIII RANGER」の主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×3、M.2スロット×1。メモリースロットはDDR4-DIMM×4(DDR4-3600+/3466/3400/3333/3200/3000/2800/2666/2400/2133、最大64GB)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Intel/I219V)、7.1chサウンド、SATA3.0×6 、SATA Express×2、USB 3.1×2、USB 3.0×6などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、DisplayPortを備える。

 価格および販売ショップは以下の通り。

下位モデル「MAXIMUS VIII RANGER」。メモリの対応とSATAポートが8→6になったのが主な違い
価格ショップ
「MAXIMUS VIII HERO」
¥37,580BUY MORE秋葉原本店
¥37,584パソコンショップアーク
オリオスペック
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
「MAXIMUS VIII RANGER」
¥31,100BUY MORE秋葉原本店
¥31,104パソコンショップアーク
オリオスペック
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中