このページの本文へ

ランニングコストは従来機の1/20、2年インク補充不要のロングライフを実現

エプソン、北米で超大容量・ボトル補充方式のインクジェットプリンター発表

2015年08月05日 14時32分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
従来のインクカートリッジシステムから考えると信じられない「ボトルからの補充」を採用する

 エプソン・アメリカは8月4日、北米市場に向けた大容量インクタンクシステム「EcoTank」採用の新インクジェットプリンター製品群を発表した。

ホームユースの上級機「ET-2550」、スキャナー一体型でWi-Fiも搭載する。普及機「ET-2500」もほぼ同スペックだが液晶パネルを持たない

 EcoTankシステムは専用カートリッジを必要とせず、ボトルからのインクを補充する。タンク自体も大容量で、製品によって容量は異なるようだが、ビジネス機では1回の補充でカラー/モノクロが各2万枚印刷できる。

補充用インクはボトル/パウチ式。まるでサードパーティの詰め替えインクのような構造だ

 インク自体の寿命も長く、1回の補充で最長2年までは利用できる。インクボトルは1本12.99ドル(カラーのセットで52ドル)と非常に安価に設定されており、従来のカートリッジに比べてランニングコストは1/20以下になるという。

ビジネス用普及機「ET-45000」。ホームユースのET-2500/2550のように側面にインクタンクがはみ出ている独特のボディが特徴的

 製品はビジネス用の大型機「WorkForce Pro WF-R4640 EcoTank All-in-One」からホームユースの「Expression ET-2500 EcoTank All-in-One」まで5機種。ホームユースは上面にスキャナーを持つオールインワンモデルで、ビジネス機はオートフィーダ&ファクシミリ機能を搭載する。

ビジネス用の上位モデル「WF-R4640」、モノクロ/カラー各2万枚印刷可能なインクタンク、500枚給排紙カセットなどを持つ。補充インクはホームユース機とは異なりラミネートパウチのようなパックで供給される

 出荷は9月からの予定で、価格は最も安価なET-2500で379ドル。日本での発表・発売時期は不明。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART