このページの本文へ

1インチの大径撮像素子搭載で小さいながらも高級デジカメ

iPhoneに直挿しできるカメラ「DxO ONE」

2015年06月19日 18時18分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
まるでカシオQV-10を彷彿とさせる「DxO ONE」

 写真編集ソフトを手がけてきた仏DxOは6月19日、同社初のデジタルカメラ「DxO ONE」を発表、プレオーダーを開始した。

カメラ単体でも利用できる

 液晶を持たないポケットサイズのコンパクトデジカメで、1インチという大径のCMOS撮像素子(2020万画素)を搭載、単焦点ながらオートフォーカスや絞り調節も装備する。最大5406×3604ドット静止画や1080p/30fpsの動画撮影が可能。内蔵加速度センサーによる手ぶれ補正機能も搭載。

カメラレンズ部にはカバー、背面側には単体で操作する際の小さなステータス液晶を装備 

 単体でも液晶なしカメラとして利用可能だが、Lightning端子を装備し、iPhoneと接続すれば可変アングル液晶付きのデジカメのように利用できるのが特長で、アプリ側で絞りやシャッター速度、露出補正といった各種操作が可能。

iPhone装着時はマニュアル撮影を含めて細かな撮影モードが利用できる

 本体サイズは幅26.25×奥行き48.85×高さ67.5mm、重量は108g。プレオーダー中で価格は7万9900円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中