このページの本文へ

ネットワークの未来を描く「Interop Tokyo 2015」レポート ― 第1回

40Gpbsをすっ飛ばすキャリアにオススメ

100G×6本のみ!男気あふれた「FortiGate-3810D」

2015年06月11日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Interop Tokyo 2015の展示会場において、超高速ファイアウォールのライブデモを披露したのが、フォーティネットジャパンのブースだ。展示された「FortiGate-3810D」は100Gbpsのインターフェイス×6つのみで、10GbEを搭載しないという“男気あふれた”ファイアウォールアプライアンス。40GbEをすっ飛ばし、一気に100GbEで10GbEリンクを束ねたい通信事業者やコンテンツプロバイダー向けの製品になる。

超高速なファイアウォール「Forti-Gate 3810D」

 320Gbpsというスループットを誇る高いパフォーマンスが売りで、会場ではスパイレント・コミュニケーションズのテスターを用いるライブデモを披露。擬似的に大量のトラフィックをかけても、CPU負荷4%で150Gbpsという安定した性能を出せる点をアピールした。

 こうした安定的な性能が出せるほか、800Wと消費電力が低いのもFortiGateの大きな特徴。処理の一部をASICでハードウェア処理しているため、CPU負荷や電力使用量を大きく引き下げられるという。また、リアルタイムでのセッション管理やログ収集も可能で、CIEMなどとの連携も優れているという。

 フォーティネットブースでは、その他多種多様なセキュリティアプライアンスのほか、特にラインナップが増えてきた無線LAN製品も展示されていた。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ