このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「プリティーリズム」シリーズのテーマを継承した「プリパラ」も発表

“画伯”小林ゆうも登場、タカラトミーアーツの新筐体発表会

2014年03月13日 18時19分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「プリティーリズム」を継承した「プリパラ」も展開
アニメや玩具と連動で大人も要注目?

筐体とポーズを取るアニソン・ヴォーカル・アイドルユニット「i☆Ris」のみなさん

 アミューズメントゲームとしてだけでなく、アニメも人気の「プリティーリズム」シリーズ。そのテーマを継承した新シリーズが「プリパラ」だ。

自分で作った「マイキャラ」をアイドルチームのセンターにして、歌とダンス、メンバーアピールなどをリズムゲームを通じて体感できる内容になっているとのこと

 大きな特徴は、筐体上部に取り付けられているカメラを使って写真を撮影すると、自分の写真がチケットにプリントされた「プリチケ」になることだ。2つに割ると、自分のキャラクターのニックネームや成長データがプリントされた「マイチケ」と、プレイヤーの写真が記録されており、名刺やプロフ帳のように友達と交換できる「トモチケ」に分けることができる。

筐体上部のカメラで写真を撮影し、チケットに反映する。“大きいお友だち”にはちょっとツラいかもしれない「トモチケ」を交換することで、友達のキャラがゲーム画面に登場させたりできる。アナログな楽しみ方もできるのだ

 さらに、筐体上部の「マルチサイズスキャナー」により、現在稼働中の「プリティーリズム」シリーズで使用するプリズムストーンや、3DSソフト「プリティーリズム・レインボーライブ きらきらマイ☆デザイン」などから情報を読み込める。また、ゲーム以外でも100円で撮影ができる「プリフォトモード」も搭載している。

3DSのソフトや、「プリティーリズム」シリーズで使用するプリズムストーンから情報を読み込めるのは、過去作のファンや、親御さんたちには嬉しいニュースかも。今後発売予定のカプセルトイや玩具菓子のデータももちろん読み込み可能だ

 もちろんゲームだけでなく、「プリパラ」はアニメでも展開していく。プリティーリズムシリーズのテーマを継承した新アニメ、「プリパラ」が7月から放送開始予定だ。それにあわせて、タカラトミーからはゲーム筐体と連動した玩具などの発売も予定しているとのこと。

2014年7月から「プリパラ」がスタート。毎週土曜日、午前10時〜10時30分。テレビ東京系6局ネット+BSジャパンにて全国で放送予定)
タツノコプロ プロデューサー 依田健氏。「(今までのシリーズのアイテムだった)ストーンではなくカードを使う、筐体でオンデマンド印刷ができるなど、初めて『プリパラ』のことを聞いたときは驚いた。同時にとてもワクワクした」と語り、「女の子がワクワクして見れてくれる、楽しい作品を目指したい」と意気込みを語った

 発表会のゲストとして、メインキャストと主題歌を担当するアニソン・ヴォーカル・アイドルユニット「i☆Ris」が登場。メンバーの芹澤優さんは「プリティーリズム・レインボーライブ」で「福原あん」役として出演しているが、プリパラでは主人公の「らぁら」役にメンバーの茜屋日海夏さんの起用が決まっているほか、全メンバーがメインキャストを担当することが決定している。

歌のパフォーマンスや、タイトルコールをポーズ付きで披露したi☆Ris。中央左の茜屋日海夏さんは主役のプリパラの主役「らぁら」役だ

 ちなみに、プリパラの主人公であるらぁらは、現在上映中の「劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン」にも登場しているほか、4月から放送される「プリティーリズム・オールスターセレクション」にも登場。歴代主人公からアドバイスをもらって活躍していく……とのことで、「プリリズ」ファンも要注目だろう。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ