このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

画角最高! 14mmの超広角激安コンデジの割り切った使い方

2013年12月08日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 またしても「ムムッ、これは!」というのでカメラの衝動買いに及んでしまった。14mmの超広角レンズを載せた、6000円台のデジタルカメラ「Kenko DSC880DW」である。敬愛する自動車評論家の下野康史さんがブログで取り上げられているのを拝見して、ムムッと思ったのだ。

 これくらいの画角だと、デフォルメ感や遠近感といった広角の特性がいやというほど楽しめる。だが、単品のレンズとして世に出ている製品は少ない。その上、高い。その画角がこのお手頃価格で手に入るとあっては、もはや買うなという方が難しい。

 だが、ここで考えてみよう。なぜ超広角レンズは数が少なく、高いのか。それはニーズが少なく、まともに作ろうとすればコストがかさむからである。では、わずか6000円の超広角レンズを積んだカメラはどうなのか? というのが、今回のお題である。

 それでほとんど結論を言ってしまったも同然だが、レンズの性能、カメラ本体の性能は実に大したことがない。いや、見方によっては、酷いとすら言える。しかし、そうバッサリ言い切ってしまって平気なくらい、この画角は魅力だ。しかも安い。

 今回は、この一芸カメラの、実に清々しい性能について御報告しようと思うのである。先の下野さん同様、先見の明があるユーザーのみなさんがすでにネットのあちこちに画像を上げられていて、かなりグッと来る作品を量産しているのだ、このカメラは。

DSC880DWの主なスペック
イメージセンサー 有効画素数約800万 1/3.2型CMOSセンサ
レンズ 焦点距離1.8mm/F2.8
メモリーカード microSD 128MB~2GB/microSDHC 4GB~32GB
撮影距離 約15cm~∞
記録ファイル形式 JPEG (VGA/3M/5M/8M)、AVI (VGA 30fps/QVGA 30fps)
ズーム デジタル4倍
モニター 2.7型TFT/1.8型TFT
電源 単4型アルカリ乾電池×2
PCとの接続 microUSB
サイズ 幅97×奥行き28×高さ63mm
重さ 約129g (本体のみ)/約151g (メモリーカード、電池含む参考値)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART