このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー ― 第44回

ケータイ電話の究極形「イエデンワ2」をモバイルで使う!

2013年10月20日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イエデンワ2もやっぱりイエデンワイズムが炸裂だった!

イエデンワ2になっても、やっぱりアウトドアが似合うイエデンワ2

 2012年にいろんな意味で話題となったPHS「イエデンワ」。見た目は固定電話だが、実はPHSであり、コードレスなのでモバイルも可能。電池で駆動するため、防災用としての導入が広く進むなど、実にスマートなフォンだ。そのため、ASCII.jpにおいてはスマートフォンとして珍重されており、アスキー・メディアワークスでは東京都帰宅困難者対策条例に対応するため、各所にイエデンワが連絡手段のひとつとして配備されている。その経緯については、関連記事を見ていただくとして、さっそく「イエデンワ2 WX02A」をチェックしていこう。

ASCII.jpのお隣にも連絡手段のひとつとして配備されているイエデンワ1

 イエデンワ1から外見に大きな変化はなく、もはや象徴的な受話器と大きな操作ボタンは健在だ。幅約200×高さ74mm×奥行き195mm、重量約670gとモバイル性能にも大きな変化はなく、イエデンワ1のユーザーであれば、とくに違和感なく機種変更が行なえる。また、初めてのイエデンワであっても、操作方法は固定電話そのものなので、PHSだと認識する間もなく、すぐになじめる。イエデンワ1からのスペック的な細かい変更点は後述するバッテリー駆動時間の減少のほか、受話器の形状が微妙に変更された結果、高さが2mm低くなり、重量が追加機能の関係で約70g増えた。

 カタログスペックを見ると、単3乾電池×4本での連続通話時間は約8時間。そのほか、ACアダプターやモバイルバッテリーでの駆動にも対応しているため、何かしら電源を確保できる仕様になっている。モバイルバッテリーでの動作については、イエデンワ1では上手く動かないことが多かったが、イエデンワ2は手持ちのモバイルバッテリーを試す限りでは、待機中にバッテリーからの放電が終了することはなかった。うまく動作しないモバイルバッテリーもあると思われるので、事前のチェックは必要だ。

いろんな意味でインパクト大だったビジュアルは継続単3乾電池×4本駆動も変更ナシ
モバイルバッテリーによっては、電源として使用可能だ

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART