このページの本文へ

NokiaのWindows Phone 8スマホ「Lumia 620」が3万1500円!

2013年01月25日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NokiaのWindows Phone 8搭載スマートフォンのローエンドモデル「Lumia 620」が店頭初登場。三月兎2号店などの三月兎各店と、SOUTHTOWN437にて販売が始まっている。各店における販売価格は3万1500円だ。

最安クラスのWindows Phone 8スマートフォンNokia「Lumia 620」が販売中。海外直輸入のSIMロックフリー仕様の端末だ

 店頭における最安価格で購入できるWindows Phone 8スマートフォンの登場だ。3.8型液晶ディスプレー(480×800ドット)搭載のコンパクトボディで、ローエンドの位置付けながらプロセッサはSnapdragon S4 1GHz(デュアルコア)、メモリー512MB、ストレージ8GBを内蔵。Bluetooth、NFCに対応するなど、ミドルレンジに迫るスペックが魅力だ。

 また、6色の豊富なカラバリに加え、半透明のポリカーボネート製カバーを組み合わせた「double shot」という着せ替えオプションも楽しめるという。ただし、今回店頭に入荷したのはブラックモデルのみだ。

入荷したカラーはブラックのみ。片手にスッポリ収まるコンパクトな端末で、Lumiaシリーズでは最小。インターフェイスはWindows Phoneおなじみのものだ
丸みを帯びた愛嬌のあるボディを採用。押しやすい中央に電源ボタンを配置するなど、基本的なレイアウトはLumiaシリーズ共通だ

 外部ストレージは最大64GBのmicroSDXCに対応、カメラはフロントとリア(500万画素)の両面に搭載、IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANをサポートする。本体サイズは幅61.1×奥行き115.4×高さ11mmで、重さは127g。バッテリー容量は1300mAh。通信規格はW-CDMA 850/900/1900/2100MHz、GSM 850/900/1800/1900MHzに対応する。

 なお、入荷した製品はいずれも香港モデル。表示と入力では日本語が設定できるものの、システム言語は日本語に対応しないため注意が必要だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART