このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第121回

今さら人には聞けない!? 「LINE」を使いこなしてリア充になる技

2012年07月03日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCやスマートフォン向けで通話やチャットができる「LINE」が大ブレイク中だ。6月には、ユーザー数が世界で4000万人を超えるほどの人気を集めている。ITに詳しい人だけでなく、スマホのライトユーザー層にも広がっているのが特徴で、リア充御用達ツールとも言われる。今回は、そんないまさら聞けない「LINE」の使いこなし技を紹介しよう。

リア充御用達の通話・チャットアプリ「LINE」

リア充がこぞって使い始めている「LINE」

 TVのCMでも流れているので、LINEアプリを目にしたことがある人は多いだろう。LINEは、チャットや音声通話が可能なコミュニケーションアプリ。無料で利用でき、音声通話アプリの定番「Skype」と肩を並べるほど急激にユーザーを増やしている。

「LINE」のホームページからiPhoneやAndroid、Windows PhoneなどのスマホアプリやWindows、Mac用のソフトをダウンロードできる

 最近、以前の「mixiやってる?」の代わりに「LINEやってる?」と言われることが増えた。しかも、ITに詳しくない人たちが多いのだ。これは、誰でも簡単に始められる手軽さと、楽しいコミュニケーションが人気を集めていると考えられる。すでにほかのサービスを利用していたり、話したいなら普通に電話するし、メッセージはメールで十分という人もいるだろう。利用サービスをこれ以上増やしたくない、という意見も同感。しかし、LINEは俗に言うリア充が広く使っているのがポイント。FacebookやTwitterは使えずとも、LINEはOKという人が多いのだ。手間と楽しさを天秤にかけて、リア充になりたいなら、LINEにチャレンジしてみよう。

 LINEはWindowsとMacのソフトも公開されているが、基本的にはスマホで使うアプリだ。まずは、Google PlayやiTunes StoreからLINEをインストールしよう。インターフェースはほぼ同じ。LINEを起動すると、電話番号の認証が行なわれる。登録時にアドレス帳のデータを利用するかどうかを尋ねられる。読み込んでおくと、認証後すぐに利用できるので手間が省ける。ただし、アドレス帳を利用する場合、そのデータはLINEを運営するNAVERのサーバーに送信される。その情報を元に、友だちを追加したり、「知り合いかも?」と教えてくれるのだ。今のところトラブルは起きていないが、個人情報の塊を預けることになる点は覚えておこう。

アプリを起動すると電話番号の登録画面が開くアドレス帳の利用を確認
電話もしくはSMSで端末を認証する。電話の場合、メッセージが流れたら切断して、アプリに戻る

 電話番号の認証があるので、iPod touchやiPadだけでは新規アカウントの作成ができない。しかし、スマホやフィーチャーフォンを持っているなら、その番号を入力し、SMSで確認すればいい。スマホの方に認証コードが届くので、iPod touchやiPadに入力する。

iPod touchやiPad、SIMのないiPhoneなどにLINEをインストールする場合は、ほかの端末で認証コードを受け取る。その場合は、認証コードを受け取った端末ではLINEを利用できないので注意
アドレス帳のユーザーが登録され、すぐに使い始められる

 ユーザーを登録するには「友だち追加」→「追加」をタップする。承認は不要で、すぐに友だちリストに登録される。通話やチャットを行なうなら、友だちリストから相手をタップし、「無料通話」もしくは「トーク」をタップすればいい。通話の場合は相手の端末に着信画面が表示される。アプリは起動していなくてもOK。iPhoneで履歴にLINEがない状態でも着信できる。

 お互いに無線LANを利用しているなら、通話は普通の電話と同じ感覚で行なえる。LINEは3G回線でも利用できるが、その場合は少し遅延が発生する。また、音質もややこもりがちになる。とはいえ、繋がってしまえば、問題なく会話は可能だ。無料ということを考えれば、十分と言える。

相手をタップして発信する着信する
通話が可能。「終了」をタップすれば通信が切れる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART