このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第81回

iPhone・iPadのメディアファイルを外部ストレージに保存する技

2011年09月13日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPadではさまざまなことができるので、多様なファイルを保存することになる。たくさんのアプリや手持ちの音楽データ、デジカメで撮影した写真、電子書籍、オフィス文書などなどで、16GBや32GBの容量はあっという間に埋め尽くされてしまう。そんな悩みを解消する新製品が登場する。iPhone/iPod touch/iPad専用のワイヤレスハードドライブ「Wi-Drive」だ。

iPhone/iPadとワイヤレス接続できる16GB/32GBのSSD

 キングストンからワイヤレスハードドライブ「Wi-Drive」が発表された。9月30日から発売予定で、現在はAmazonの特設ページで先行予約が開始されている。「Wi-Drive」はiPhone 3G/3GS/4G、iPad/iPad 2、iPod touch 第3・第4世代で利用できるSSD。Wi-Fiを内蔵しており、端末とピアツーピアで接続し、データを転送できる。容量は16GBと32GBの2モデルが用意されており、実売価格は16GBモデルが9800円、32GBモデルが1万4800円となる。

キングストンの「Wi-Drive 16GB」

 サイズは幅121.5×奥行き61.8×高さ9.8mmとスリムで、重量は82gと軽い。充電は付属のminiUSBケーブルでPCに接続して行なう。バッテリー駆動時間は約4時間となっている。

上面にminiUSB端子を備える左側面に電源スイッチを搭載

 iPhone 4のストレージは16GB/32GB、iPad 2は16GB/32GB/64GBが用意されている。iPad 2の64GBならともかく、16GBや32GBだとあっという間に容量が足りなくなってしまう。例えば、32GBでも単純計算で音楽CDを高音質なAppleロスレスで取り込んでいるなら約1000曲(1曲30MBとして)、スキャンした週刊アスキーなら約200冊(1冊150MBとして)、デジカメ写真なら約5000枚(1枚6MBとして)しか保存できない。アプリも500本も入れると15GB近くなる。

iPad 2の16GBモデルでは、余計なものをインストールしておく余裕がない

 筆者は、ストレージを補完するために、Dropboxなどのクラウドサービスを活用している。利用頻度の低い写真や過去の仕事で使ったファイルなどを保存。いざというときに取り出せるようにしている。とはいえ、インターネットを経由しているのでデータのダウンロードに時間がかかり、内部ストレージのように活用することは難しい。

Dropboxにデータを逃がしてはいるものの……

 残念なことに、iPhoneやiPadはメモリーカードスロットやUSB端子を備えておらず、拡張性が低い。我慢しつつ、データをやりくりしていたところ、「Wi-Drive」を見つけた。Wi-Fi接続でストレージにアクセスできるとのこと。アイデアはいいのだが、問題は使い勝手。今回は発売前に製品をお借りできたので、しばらく使い込んでみた。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART