このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

今さら聞けないFacebookの裏表 ― 第2回

Facebookって何だろう?

登録から始める! ── Facebookの使い方

2011年01月07日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Facebookって何だろう?

 Facebookを理解するためには、頭で考えるより、まず自分で使ってみるのが一番早い。そこで、今回は実践編として、実際にFacebookの使い方基礎編をお伝えする。携帯電話での使い方、Twitterやmixiとの連携の仕方なども紹介しているので、困っている人はぜひ一読してほしい。

まず登録してみよう

 まずは、Facebookに登録しよう。

 Facebookにアクセスし、アカウント登録。姓名、メールアドレス、パスワード、性別、生年月日を入力し、「アカウント登録」をクリック。セキュリティチェックとして、画像で表示されている文字を入力し「アカウント登録」をクリックする。

アカウントの新規登録画面。必要項目を入力するだけで簡単に登録可能だセキュリティチェックとして画像になっている文字を入力

 メールアドレスから、既にFacebookを利用している友人を探す。「友達をクリック」すれば可能だ。

メールアドレスから、既に利用している知り合いを見つけられる。思わぬ人が見つかるかも

 次に、プロフィール情報を入力する。「保存して続行」をクリック。プロフィール写真を設定する。「写真を選択」でパソコン内の写真が選べる。「写真を撮る」でウェブカメラでの撮影ができる。

プロフィール情報をなるべく詳しく記入する方が出会いが期待できる顔写真もぜひ登録しておこう。日本の他のSNSと違い、Facebookでは顔が分かるアップの写真を利用している人が多い

 入力したメールアドレス宛にFacebookからメールが届くので、「利用開始」をクリックすると認証完了だ。

利用する前に、メールで認証する必要がある

 Facebookは、基本的に実名で利用するSNS。実名、高校・大学/専門学校名、勤務先をプロフィールに入力すれば、友人から見つけてもらいやすくなる。

 また、登録完了後、「アカウント」→「プライバシー設定」で、各項目の公開範囲を設定しておくといいだろう。「すべてのユーザー」を選ぶと、その情報はインターネット上に幅広く公開されるので、注意が必要だ。

友達の探し方

 Facebookを楽しむためには、Facebook内の友達を増やすのが一番。友達を探す方法を紹介する。ただし、方法はひとつではなく多岐にわたる。

友達を名前で検索。漢字、ローマ字の両方で調べるといいだろうメールアドレスや、「知り合いかも?」で友達を探そう

 まず、名前で検索するやり方。検索ボックスに友人の名前を入力して検索する。ローマ字と漢字などいくつかの表記で調べてみよう。

条件で絞り込んで友達を探すことができる

 友人の友人から知り合いを広げる。友人の友人は、「知り合いかも?」と表示されるので、「すべて表示」をクリックして探してみよう。チェックボックスにチェックを入れると、さらに絞り込んで探せる。

 トップページの「友達」をクリックし、メールアドレスなどを入力すると、該当する友人を探せる。

知り合いを見つけたら、「友達になる」をクリック「リクエストを送信」で友達リクエストが送れる

 知り合いを見つけたら、「友達になる」→「リクエストを送信」をクリックして友達リクエストしてみよう。「メッセージを追加」でメッセージの追加もできる。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ