このページの本文へ

ソフトバンク、2年契約が実質必須に 代わりに割引増額

2010年04月19日 20時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、同社の主力料金プラン「ホワイトプラン」の内容を改訂。4月27日より新しくスタートする(従来型プランの受付は4月26日まで)。内容は実質的に2年契約を必須とする代わりに月月割に代表される割引を増額するというものだ。なお、従来プランの利用者は、そのまま継続して利用することも、新しいホワイトプランに変更することも可能である。

「HTC Desire」もパケット料金が月4410円で利用できるようになる!

 前述のとおり、新ホワイトプランの最大の特徴は2年単位の継続利用を前提とした点。契約期間中の解約や他の料金プランへの変更の際は、9975円の契約解除料が必要となる。一方、新ホワイトプランのメリットとしては、2年契約の更新月翌月と翌々月の2ヵ月間基本利用料(980円)が無料になる点。なお、1~21時まではソフトバンク携帯電話(ディズニー・モバイル含む)宛の通話料が無料など、サービス内容については変更はない。

 また4月27日より、新スーパーボーナスを利用して端末を購入し、パケット定額に加入したユーザーに対しては「バリュープログラム」と題し、月月割の料金が加算される。その加算額は次に紹介するパケット定額サービスの種類によって異なるので注意が必要だ。

 そのパケット定額サービスについても一部内容が変わる。通常端末用の「パケットし放題」はそのままで、無線LAN搭載端末用の一段階型プラン「ケータイWi-Fi専用パケット定額」が「パケットし放題フラット」に、スマートフォン向けの「パケット定額フル」が「パケットし放題 for スマートフォン」にそれぞれ名称が変更される。

  パケットし放題 パケットし放題
フラット
パケットし放題
for スマートフォン
パケット定額料 1029~4410円 4410円 1029~5985円
PCサイトブラウザ利用時 ~5985円 ~5985円
PCサイトダイレクト利用時 ~9800円 4410円(※1)
従量分 0.084円/パケット
S!ベーシックパック 315円
月月割増額分 最大7200円
(300円×24回)
最大1万4400円
(600円×24回、※2)
最大7200円
(300円×24回)

※1:2010年11月30日までに契約した場合
※2:iPhone購入者を対象とする「バリュープログラム(i)」の場合は最大1万1520円(480円×24回)

 このうちパケットし放題フラットはiPhoneや同社のスマートフォン「Xシリーズ」でも加入が可能になる。パケットし放題フラットでも従来型ケータイのフルブラウザである「PCサイトブラウザ」、スマートフォンでインターネットに接続する際に用いる「PCサイトダイレクト」利用時は上限が月5985円となるが、2010年11月30日までに契約したユーザーを対象に、PCサイトダイレクトの上限が月4410円になるキャンペーンを展開する(月4410円の上限はキャンペーン終了後も適用)。

 かなり複雑になった感がある新しい料金体系だが、「バリュープログラム」(iPhone向けは「バリュープログラム(i)」)によって月月割が月480円(×24回)増額されるiPhone 3GS 16GBモデルを例にとると、

●iPhone 3GS 16GBモデルをパケットし放題フラットで契約
(月月割が適用される3ヵ月目以降)
980円(ホワイトプラン)
+315円(S!ベーシックパック)
+4410円(パケットし放題フラット)
+1920円(端末割賦代金)
-1920円(月月割、増額分の480円を含む)
5705円

という計算で、端末代金の実質負担額が0円になるとしている。

当初端末割賦代金と月月割の金額をともに2400円と表記しておりましたが、正しくは以上の金額になります。関係者の方々ならびに読者のみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫びして、訂正させていただきます。 2010年4月20日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART