このページの本文へ

文字どおりアツイ! コミック、アニメ、ゲームの祭典「香港動漫電玩節2009」

2009年08月11日 21時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7/31(金)~8/4(木)の5日間に渡って香港コンベンションセンターで行なわれた「香港動漫電玩節2009」。マンガ&アニメの「動漫節」と、ゲーム&トイの「電玩展」が合体して「動漫電玩節」となった昨年の入場者数はなんと62万人! 香港の人口が約700万人だから、人口比で日本に置き換えると(無理やりだが)、入場者数1000万人規模! しかも、今年は更に5%増えて入場者数65万人。猛暑の中で入場を待つ長蛇の列が終日止まない、文句なく香港で今、最もアツイ展示会だ。

場内大混雑の図。とにかく混んでいて、歩くのも苦労するほど

 日本のイベントとの最大の違いは開催時間。8月3日までは午前10時から夜の9時まで、最終日の4日も夜8時までやっている。盛り上がりのピークも6時くらいになるそうだ。正面に見えるのは香港漫画界の父、黄玉郎率いる『玉皇朝』という出版社のブース。

角川州立ブース。香港で角川グループ各作品や、『ガイバー』、ジブリ関係まで扱う。イベント期間中は各単行本が15%割り引きになるため、コミックファンが殺到。大行列だった。支倉凍砂先生のサイン会も行われたためか、『狼と香辛料』関係の本、グッズが大人気
『狼と香辛料』オリジナルキーボードこちらは『灼眼のシャナ』キーボード
日本版権強し!
『高達』とは『ガンダム』のこと。つまり、『香港電撃ガンプラ王大会2009』。毎年日本以上の応募者数を誇り、過去4回も優勝者を出しているほど。クオリティもかなり高い『NARUTO』人気の影響か、場内ではあちこちで刀(のオモチャ)を売っていた
メインステージ。これはネットワークゲームの大会。ちなみに1日夜には中川しょこたんのライブも行われ、狂乱の大人気。メインステージの大トリは最終日に開かれるコスプレ大会だそうな会場内ではガンプラ、ZOIDSなどお馴染みのグッズも人気だったが、LEGO人気もものすごく、ブースを3周するほどの行列
『狼と香辛料』の支倉先生の質問コーナー&サイン会。この日のために日本語を勉強してきたという熱心なファンも

 他にも、『BANDAI』、『タカラトミー』などのメーカーブースなども人気を集め、上記の各版権とともに、マニア市場でのメイドインジャパン物の抜群の強さを実感。毎年入場者数が増えていくこのイベントを見ていると、日本での市場と同等かそれ以上に熱いエネルギーを感じた。

銅羅湾のファッションビル「JFT STORE」のオープンに招かれたエビちゃん。道が香港カメラ小僧で埋まってました

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ