このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第107回

無警戒にもほどがある! お寺でくつろぐ猫たち

2009年06月25日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
黒っぽい猫は逆光で撮るときれい。きれいな目をしたなかなか可愛い猫である。でも実は妊娠中(2009年4月 ニコン D90)

 外猫が幸せそうにのほほんと暮らせる場所は、猫にとって快適な環境……安全で、食べ物に困らず、自由に動き回れるところに違いない。

 街中より公園、公園よりは神社、神社よりはお寺。そう思う。特にお寺は生き物を大事にするからね(というか、そうじゃないとまずかろう)。

 わたしは古い神社とか仏閣とか砦とか遺跡とか古道とか、そんなのが好きなので、そこで猫と出会うことも多い。

 春先、鎌倉時代に稲毛氏が鎌倉へ向かうために使った鎌倉街道を散策に行ったのである。その稲毛氏の館跡に建てられたお寺があり、ふと立ち寄ってみたのだ。

 すると、足を踏み入れた途端、向こうから焦げ茶色の猫がとことことやってくるではないか。無警戒にもほどがある、ってくらい無防備にやってくる。

 こちらもそれを迎えるべくしゃがんで待っていると、目の前まできて、ゴロン。

見ての通り、おなかがでかい。首筋を撫でてやると気持ちよがってくれる(2009年4月 ニコン D90)

 なんと、おなかが超でかい。妊娠中である。かなりでかいので、たぶん、まもなく生まれるのだろう。

 それがお腹を上にしてごろんと転がり、撫でてくれとねだるのだ。あまりにねだるので、右手に一眼レフを構えつつ、左手で撫で撫で。

 そしたら気持ちよさそうにいつまででもゴロゴロしてる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART