このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

声優のライブもあり!

今、香港がアツイ! 香港で日本企業がイベントを初開催!

2009年04月15日 06時56分更新

文● 末岡大祐/編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オタクは国境を越える! キャラアニイベントが香港で開催決定!

 日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「C3×Hobby」、通称キャラホビ。今年も8月29日と30日に幕張メッセで開催される予定だ。

 それに先んじて、なんと香港で、4月24~26日に「C3 in HongKong 2009」が開催されるぞ! 日本企業が日本のアニメ・ホビー系イベントを海外で行なうのは初の試み。フィギュアなどのキャラクターグッズの展示・販売の他に、日本の人気声優やアイドルグループのライブも開催されるのである。詳細は以下の通り。

イベント名:
C3 in Hong Kong(C3 日本動玩博覧2009)
開催日時:
2009年4月24日(金)・25日(土)・26日(日)
11時~22時まで ※但し26日は20時まで
開催会場:
香港国際展貿中心 HITEC 3F
チケット:
通常入場券30HKドル、特典グッズ付入場券60HKドル
コンサート座席付入場券300HKドル ※小学生以下無料
主催:
C3 in Hong Kong 実行委員会
後援:
日本国経済産業省、日本商品化権協会、コンテンツ海外流通促進機構
出演歌手:
伊藤由奈、栗林みなみ、腐男塾/中野腐女子SISTERS、SKE48
上映作品:
「機動戦士ガンダム00」、「らき☆すた」、「涼宮ハルヒの憂鬱」、「聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編」、「Yes プリキュア5」、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」、「しゅごキャラ!!どきっ」、「バスカッシュ!」、「ひぐらしのなく頃に」(予定)
公式ウェブサイト:
http://www.C3-HK.com.hk
イメージキャラクター:ホービー
イメージキャラクター:キャラベェ&ホビノシン

 会場となるのは九龍灣(カウルーンベイ)にある「香港国際展貿中心」(トレード&エキシビジョンセンター)。香港の中心地、油麻地駅からMTR観塘線に乗って行けば九龍灣駅に着く。駅からは若干歩くが、下記のマップを参考にしてほしい。


大きな地図で見る

 しかし、なんでまた香港で? と思うなかれ。実は香港では、10年以上前から日本のアニメやマンガなどのオタク文化は人気があるのだ。街の電脳ショップには普通に日本の漫画雑誌、ゲーム、DVDなどが置かれているし、現地のアニメ雑誌だってある。内容は日本のアニメ・ゲーム・マンガのことばかり。アニメなどを見たくて日本語を勉強しているという香港人も大勢いる。筆者が最後に香港に行ったとき(2001年くらい)にも、自家用車に「藤原豆腐店(自家用)」というステッカーを貼ったクルマが走っていたほどである。すでにその頃から痛車文化は海外輸出されていたのだ! 

街のどこを見ても映画のロケ地に見えてしまう。香港映画好きなら街を歩いているだけでも楽しい

 それだけアニメなどが浸透しているならば、アニソンやアイドルだって浸透していて当たり前。この「C3 in HongKong 2009」では、伊藤由奈、栗林みなみ、腐男塾/中野腐女子SISTERS、SKE48らのライブ、そして「機動戦士ガンダム00」「らき☆すた」「涼宮ハルヒの憂鬱」などのアニメーション上映もあるのである! 入場料は30HKドル、特典グッズ付き入場券が60HKドル、ライブの座席付入場券が300HKドルとなっているが、どうせならライブ付入場券を買いたい。ちなみに、現在1HKドルは13円くらい。日本円で約4000円ほどでライブが見られるのはちょっと、いやかなり羨ましい!

 日本人のアニソン歌手のライブは香港では比較的多く開催されており、つい先日も水木一郎と堀江美都子のコンビが同じ場所(香港国際展貿中心)で演唱會(ライブ)を行ない、大盛況だったとか。

 そんなワケで、ライブチケットの競争率は高いかもしれないが、日本から行く人は香港でのオタク文化の人気っぷりを堪能してこよう!

香港の夜はアツイ! イベントが終わったあとは屋台巡りなんかもオススメだ。繁華街は深夜でも、薄着の女の子が普通に出歩いているほど治安はいい

(次のページへ続く)

前へ 1 2 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社