このページの本文へ

初音ミクと職人の距離は――doriko×kz特別対談

2009年03月24日 14時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

1stフルアルバム、収録の締め切りは1週間遅れ


―― 初めてCDを作ることになったときのことを教えてください。

kz 2007年の冬コミで初めて初音ミクのCDを作ったときは「受け入れられるのか」という不安でいっぱいでしたよ。まだボーカロイドの曲をCDにするという文化そのものがここまで大きくなかったですからね。

Groove noteからデビューシングルとしてリリースされた「歌に形はないけれど」(現在は廃盤)。同氏のサウンドとしてはかなりアップビートな「ぶちぬけ! 2008!」も収録されている

doriko 初リリースは2008年6月の「歌に形はないけれど」だったんですが、ちゃんとしたプレスとしてCDを残せるというのが嬉しかったのと同時に、悔しいところがあったんですね。他にも初音ミク関係のCDリリースが相次ぐ中、自分のを聴き直しては「しょぼっ!」と思ってました。そのときに感じたギャップをなんとか改善したいと思いながら作ったのが今回のアルバムですねw

kz CDは出したらもう後戻りできないですからね。投稿みたいに「アップしなおし」は出来ませんから。いや、アップしなおしたことはないですよ!ww アップ=リリースの感覚でとらえてますから。

doriko ぼくも同じなんですが、もし「音声だけ差し替え」が出来たら使ってみたいですけどね。


―― 今回のアルバム「unformed」はどういった形で制作されたんですか?

新アルバム「unformed」は3曲の新録に時間がかかったと語る

doriko そうですね、ニコニコ動画に上がっていた動画を作り直したりして、新録を作ったりして……という感じですね。基本的に曲作りが遅いので、ちょっとご迷惑をおかけしたかと思います。

スタッフ そうですね。まあ、締め切りは1週間くらい遅れましたけどね。

kz www それはちょっとwww

スタッフ 初めに話をしたとき、まだスケジュールに余裕があったので「新録モノを入れたいですよね」という話をしたんです。「じゃあ3曲入れます」ということになって、大丈夫かなと思ってたら「がんばりまーす!」と明るく言われたのでまあいけるかなと。

 問題は「G-A-M-E」だったんです。dorikoが参加している別サークルへの提供楽曲をミクに歌わせて収録する予定だったのですが、そのままだとかなりしょっぱいものになってしまったんですよねww それをミク用にアレンジしなおしたのですが、そのリアレンジに2週間近くかかってしまったんです。それで「あと2曲どうするの?」ということになり、結局マスタリング当日朝までかかったというw

doriko 最初、ミクで曲を作りはじめたばかりの頃はまだ1日とかで出来ていたんですが、最近はどんどん長くなってきてしまって。

アルバム制作「1週間遅れた」に「それはちょっとwww」と笑うkzさん

kz 普通は短くなっていくかとw

doriko やっぱり少しでもちゃんとしたものを作りたくなってくるんですよね。それともう1つの要因が、直感で「いい曲」かどうかを判断して作りたいということにもあるんです。音楽理論より「メロディーラインがきれいか、耳に残るか」ということを重視しているので、誰かに聴かせて「うーん」となったらお蔵入り、ということもよくあるんですよ。作った曲の8割方はお蔵入りですね。

kz その意味だと、ぼくは捨て曲なしで作ってます。周りが微妙な顔をしていたらそれにあわせてフィックスさせたりして。(未発表曲の)容量だけが増えていくのはよくないなと思って。「Packaged」のショートバージョンは4時間、フルバージョンは8時間で作ったんですが、最も時間がかかるのはむしろ曲より歌詞の部分ですね。作詞がすごく苦手で、1週間くらいかけて作ることもよくあります。

doriko ぼくは逆で、歌詞に3日以上かけたことはないんですよ。歌詞と言っても文章に近いんですよね。「夕日坂」なんか典型的だと思いますけど。曲を1つ完成させるのに最長1ヵ月かけてしまうことはあるんですけど……

バラードソング「夕日坂」。歌詞と楽曲、絵師nezukiさんの世界観との合わさり方が琴線に触れる

kz 歌詞は「響き」重視なので、長いフレーズとしてはあまり考えていないんですよね。「きれいだな」と思える言葉を中心に書いている感じで、dorikoさんみたいにスッと頭に入ってくるような歌詞はたぶんまったく書けないんですよ。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン