このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第78回

猫がわらわら集まる無人駅

2008年11月21日 04時11分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
鶴見線終点(のひとつ)である扇町駅ホームにて。ホームは単線で、電車はここで折り返し運転。這いつくばって撮ってます(2008年11月撮影 ニコン「D90」)
鶴見線終点(のひとつ)である扇町駅ホームにて。ホームは単線で、電車はここで折り返し運転。這いつくばって撮ってます(2008年11月撮影 ニコン「D90」)

 横浜から川崎の臨海工業地帯を走るJR鶴見線という小さな路線がある。どう見てもローカル線である。どのくらいローカルかというと、全駅に改札がない、Suicaの簡易改札機があるだけというくらいなのだ。工業地帯で働く人のための路線なのでそれでいいのである。鉄道好きには有名な路線だが、わたしは今回が初めて。

 わたしの友人に三井公一ってカメラマン(有限会社サスラウ って会社をやってます)がいるんだけど、彼もまた猫好きで、猫撮影ポイントをよく知ってて、鶴見線にいい駅があるよと教えてくれたのだ。で、せっかくなので現地を案内してもらったのである。

 平日昼間の鶴見線は客がものすごく少ない。朝夕のラッシュ時以外に工場地帯に用がある人なんてそうはいないからね。

 電車から降りると、駅舎のすぐ脇に猫が1匹寝てるくらいで、ほかに猫の姿は見かけない。でも、電車から客が降りて一息つくと、少しずつ顔を出し始め、駅のベンチでパンでも食べようと包みを開けると、その音を聞きつけてわらわらと寄ってくる。これは猫好きにはたまらん駅だわ。

 中にはこんな子猫も。

こんな子猫の兄弟がいた。まだ生まれて数ヶ月といった風。まだおそれを知らぬ年頃で、ちょこちょこと寄ってくる(2008年11月撮影 ニコン「D90」)
こんな子猫の兄弟がいた。まだ生まれて数ヵ月といった風。まだ恐れを知らぬ年頃で、ちょこちょこと寄ってくる(2008年11月撮影 ニコン「D90」)

 人を全然恐れないのである。すごく人に慣れているらしい。一度ホームに出ちゃうと電車がいようがいまいが、わが物顔でくつろぎまくりである。

 平日昼間は乗降客も少ないので猫も安心。1回につき数人程度で、そのうちのひとりは降りた途端にカメラを取り出した。我々と同じく猫を撮りに来た人だったのである。なんとまあ。

 そんな案配なので、平日昼間にいい年した大人が人のいない駅でぼーっと猫を撮ってても、ホームに這いつくばって撮ってても怪しくないのである……たぶん。

電車がホームにはいってきても、安全な場所は熟知してるので微動だにせず(2008年11月撮影 ニコン「D90」)
電車がホームにはいってきても、安全な場所は熟知してるので微動だにせず(2008年11月撮影 ニコン「D90」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART