このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

1ギガ500円時代のSDカード活用テク

2008年05月30日 17時51分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今、SDメモリーカードの価格が暴落中だ。「SDHCってナニ?」「高速タイプってどんだけ速いの?」といった解説は次ページ以降に回すとして、まずは量販店で価格帯をチェックしてみよう。1GBのSDメモリーカードが2000円前後で、大容量モデルもおおよそ容量に比例した価格になっている。

量販店の売れ筋SDメモリーカードの価格帯
メディア 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB
SDメモリーカード 1800~2500円 2980~3980円 ―― ―― ―― ――
SDHCメモリーカード ―― ―― 4680~5980円 1万~1万2000円 2万4800~3万3000円 5万9800円
高速タイプSDメモリーカード 3680~4980円 4980~5980円 ―― ―― ―― ――
高速タイプSDHCメモリーカード ―― ―― 7980~1万円 1万6800円 3万3000円 6万1500円


確かに安いが価格ばかりに目が行くと……

グリーンハウスのSDHCカード「GH-SDHC8G6M」
グリーンハウスのSDHCカード「GH-SDHC8G6M」。名のあるブランド物でも、最安値は8GBで4280円と安い。できるだけ有名なメーカーの製品を購入したい

 秋葉原の激安店やオンラインショップなどでは、1GBのSDメモリーカードが500円以下、16GBのSDHCメモリーカードが7000円を切るなど、量販店の2分の1から3分の1で売っている製品もある。ほとんどが中国製で、とりあえずは動作すると考えていい。

 ただ、デジカメやケータイで撮った大事な写真を記録するメディアであることを考えると、安さばかりに目を奪われるのではなく、信頼できるメーカー製品を購入することをお勧めする。

 筆者は日常的にデジタルデバイスを利用しているが、フラッシュメモリーメディアの故障にはお目にかかったことがなかった。

 しかし、先日初めて原因不明のエラーに遭遇した。よりにもよって旅行中で、大事な写真を失う羽目になったのだ。そのときに使っていたのが、無名ブランドの超激安SDHCメモリーカード。

旅行中に、無情なエラーメッセージを表示する我がデジカメ
旅行中に、無情なエラーメッセージを表示する我がデジカメ

 4GBで1800円を切る製品を見つけ、目を疑いつつも即購入してしまったもの。もう激安メディアには手を出すまい、と心に誓った出来事だ。CD-Rメディアが2年ほどで根こそぎ読めなくなり、貴重なライブラリーをロストした時にも誓ったはずなのだが、また繰り返してしまったのは猛省したい。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART