このページの本文へ

MPEG-4 AVCによりBDに長時間録画

【CEATEC JAPAN 2007 Vol.4】松下電器、フルHDで4倍録れる「ブルーレイDIGA」などを発表!!

2007年10月02日 22時47分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 松下電器産業(株)は2日、“CEATEC JAPAN 2007”にてBlu-ray Disc/HDDレコーダー「ブルーレイDIGA」を3機種、DVD/HDDレコーダー「ハイビジョンDIGA」を3機種の計6機種を発表した。発売日は11月1日。価格はすべてオープンプライス。

ブルーレイDIGA。上から「BW900」「BW800」「BW700」
ブルーレイDIGA。上から「BW900」「BW800」「BW700」

 ブルーレイDIGAのラインナップは、HDD 1TBを搭載した「DMR-BW900」、HDD 500GBの「DMR-BW800」、HDD 250GBの「DMR-BW700」。ハイビジョンDIGAのラインナップは、HDDを500GB搭載したDVDレコーダー「DMR-XW300」、HDD 250GBの「DMR-XW100」、そしてHDD 250GBとVHSビデオデッキを内蔵した「DMR-XW200V」となっている。

パナソニックマーケティング本部本部長の西口史郎氏
パナソニックマーケティング本部本部長の西口史郎氏

 パナソニックマーケティング本部本部長の西口史郎氏は、「我が社ではフルハイビジョンを身近にして大衆化することを目指して商品を開発してきた。今回発表するのはフルハイビジョンの大衆化、いわゆる“フルハイビジョンのビックバン”を引き起こすために新DIGAを発表する」と述べた。

新システムLSI「UniPhier」(ユニフェ) ブルーレイDIGAの内部
新システムLSI「UniPhier」(ユニフェ)ブルーレイDIGAの内部

 全機種とも従来から搭載しているMPEG-2エンコーダーに加えてMPEG-4 AVCエンコーダーを搭載することで、フルHD解像度のまま従来比4倍の長時間録画(HEモード録画時)が可能になった。これらのエンコーダーを同社が独自開発した45nmプロセスのシステムLSI「UniPhier」(ユニフェ)に統合することで、本体サイズの小型化と低消費電力化を実現している。

 ブルーレイDIGAでは全機種で、色深度規格「ディープカラー」に対応。この機能を生かすべく、デジタル放送など8bitの映像信号を12bitの映像信号として出力する機能も持つ。DMR-BW900/800は1080/24pの映像出力にも対応。毎秒24コマ/プログレッシブで撮影された映画コンテンツも本来の画質で再生できる。

 番組表は、最大19チャンネル・12時間分の高精細表示が可能な「フルハイビジョン番組表」を新たに搭載し、同時に多くのチャンネルを閲覧できるようになった。番組表は19チャンネル表示のほか、3/5/7/9/14チャンネル表示に切り替えられる。

DMR-BW900 DMR-BW800
DMR-BW900DMR-BW800
DMR-BW900
HDD:1TB
チューナー:地上デジタル/BS・110度CSデジタルチューナー×2、地上アナログチューナー×1
映像入出力:HDMI出力(1080p)×1、D4出力×1、コンポジット入力×2/出力×1、Sビデオ入力×2/出力×1、
i.LINK×2、光デジタル×1、同軸デジタル×1
本体サイズ:幅430×奥行き313×高さ59mm重量:約5.2kg
予想実売価格:30万円前後
DMR-BW800
HDD:500GB
重量:約5.1kg、上記以外の機能はDMR-BW900と同等
予想実売価格:23万円前後
DMR-BW700
HDD:250GB
映像入出力:HDMI出力(1080i)×1、D4出力×1、コンポジット入力×2/出力×1、Sビデオ入力×2/出力×1
i.LINK×1、光デジタル×1、上記以外の機能はDMR-BW800と同等
予想実売価格:18万円前後


 下位モデルとなるハイビジョンDIGAでは、MPEG-4 AVC形式で録画したHDD上の映像を、1080iのハイビジョン映像のままDVDにムーブできる。この機能に対応する記録メディアはCPRM対応のDVD-RAMとDVD-R。なお、DVDメディアにMPEG-4 AVC形式でハイビジョン映像を録画した場合、現時点では今回発表された製品でしか再生が行なえない

DMR-XW300 DMR-XW200V
DMR-XW300DMR-XW200V
DMR-XW300
HDD:500GB
チューナー:地上デジタル/BS・110度CSデジタルチューナー×2、地上アナログチューナー×1
映像入出力:HDMI出力×1、D4出力×1、コンポジット入力×2/出力×1、Sビデオ入力×2/出力×1、
i.LINK×2、光デジタル×1、アナログ音声×2
本体サイズ:幅430×奥行き313×高さ59mm重量:4.6kg
予想実売価格:13万円前後
DMR-XW100
HDD:250GB
映像入出力:HDMI出力×1、D4出力×1、コンポジット入力×2/出力×1、Sビデオ入力×2/出力×1、
i.LINK×1、光デジタル×1、アナログ音声×2、そのほかの機能はDMR-XW300と同等
予想実売価格:10万円前後
DMR-XW200V
映像入出力:HDMI出力(1080i)×1、D4出力×1、コンポジット入力×1/出力×1、Sビデオ入力×1/出力×1
i.LINK×1、光デジタル×1、アナログ音声×2
本体サイズ:幅430×奥行き335×高さ93mm重量:7.1kg
予想実売価格:13万円前後

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART