このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPod touchは、機能限定のiPhoneじゃない

新ラインアップに“iPod”の真髄を見た(中編)

2007年09月07日 18時54分更新

文● 林信行(ITジャーナリスト)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPod tocuh

ITジャーナリスト・林信行氏が語る新iPodシリーズ。iPod shuffle/iPod nano/iPod classicの魅力を述べた前編に引き続き、中編ではiPod touchとiPhoneの違いについて見ていく。



iPod touch ≠ iPhone − 電話機能


 日本にいるほとんどの人は、iPod touchで初めてマルチタッチ液晶の操作に触れる。そのためiPod touchを、“iPhoneから通話機能を取ったもの”程度に思っている人もいるかもしれないが、これはまったくの誤解だ。

 iPod touchはあくまでも“iPod”。一方でiPhoneは、“そのiPodに、次世代の携帯電話機/モバイル情報端末を加えたもの”になる。

 実は両者の機能差を観察すると、“iPod”の本質が何なのかが見えてくる。

個性が表れている iPhone(左)とiPod touch(右)。実機を手にすると写真よりもさらに薄く感じる。背面はiPhoneが梨子地仕上げなのに対して、iPod touchは鏡面仕上げだ

 iPhoneにはあってiPod touchにはないという機能は意外と多い。ハードウェアでは、携帯電話機能はもちろんだが、それ以外に内蔵カメラ、スピーカー、マイク、音量ボタンやマナーモードのボタンなどが挙げられる。

 ソフトウェアでは、電子メール機能や驚くほど秀逸なGoogleマップ機能、株式情報や天気情報のウィジェット、Notes機能など。アイコンを見ただけでも、これだけの違いが分かるが、これがすべてではない。実は細かいところまで見ると、カレンダー機能もiPhoneは単体で予定の入力ができるが、iPod touchは予定の入力はできず、ただ予定をみるだけのビューアーとなっている。

ウェブブラウザー アドレス帳
ウェブページを見るためのSafari ウェブブラウザー。これは言いようによってはビューアーだが、ウェブアプリケーションを活用すれば、実用系ソフトとしても利用できる。そういう意味では、iPod touchを仕事モードで使うための抜け道といえるあくまでもエンターテイメント機器+ビューアーに徹したiPod touchだが、実は1カ所だけ情報入力の機能がある。それがアドレス帳だ


iPodはコンテンツを消費する“ビューワー”


 こうした機能の違いについて、会場にいたiPodの生みの親、スタン・イング(Stan Ng)氏にコメントを求めたが、彼の答えは簡単。「iPod touchはあくまでも“iPod”。コンテンツを楽しむためのエンターテイメント指向の製品だから」だという。

イング氏
米アップルのシニアディレクターにしてiPodの生みの親のスタン・イング氏

 なるほど、確かに言われてみれば、iPodはこれまでもコンテンツを消費するビューアーに近い製品だった。

 iPod touchはアドレス帳とiTunes Wi-FI Music Storeだけ、例外的にiPod touchに直接情報を追加できるが、それ以外の機能は基本的に情報を見るだけ、表示するだけのものだ。

 「iPod touchではちゃんとキーボードが表示され、日本語の文字も入力できるじゃないか」という人もいるだろう。しかし、この日本語入力が何に使われているかを考え直して欲しい。


 1つめはSafariでウェブコンテンツを楽しむため、2つめはYouTubeで動画を検索するため、そして3つめはiTunes Wi-Fi Music Storeで目的の音楽を探し出すため。4つ目として例外的に、飲み会で知りあった友達の名前と電話番号をメモする機能は用意されているが、基本的にiPod touchはエンターテイメントのための端末なのだ。

【まめ知識】iPod touchが非対称なわけ

多くのiPodやiPhoneの背面は左右対称だ。しかし、iPod touchだけはアンテナのプラスチック部分が左側に偏っている。このことをイング氏に尋ねると、「iPod touchには携帯電話用のアンテナを搭載する必要がない。そのぶんアンテナを小さくできたから」と教えてくれた。


(次ページに続く)


前へ 1 2 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART