このページの本文へ

振動感知機能付きHDDケース「振動バッド」がセンチュリーから発売に!

2007年03月06日 21時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから振動感知機能付きの2.5インチ対応外付けHDDケース「振動バッド(シンドバッド)」(型番:CSB25U2)が発売された。“振動”や“傾き”を感知してHDDアクセスをストップするという製品だ。

振動バッド 仕様
振動感知機能付きの2.5インチ対応外付けHDDケース「振動バッド(シンドバッド)」(型番:CSB25U2)。ネーミングはやはりセンチュリーらしい45度の傾き。または振動を感知するとHDDの回転を停止し、磁気ヘッドをの安全な領域へと退避させる

 この製品は“振動”と“傾き”を感知するセンサーを搭載しており、万が一の事態が起こってもHDDアクセスを停止し、HDDを保護するというもの。具体的にはセンサーが異常を感知するとHDDの回転を停止し、磁気ヘッドをの安全な領域へと退避させるという。似たような機能としてはLenovo製のノートPCが搭載する“HDDアクティブプロテクションシステム”が代表的だ。
 搭載可能なHDDはIDE接続の2.5インチタイプ。PCとの接続はUSB2.0でセンサーのON/OFF切り替えスイッチである“アンチチルトスイッチ”を備える。さらにケース外観を衝撃から守る専用シリコンジャケットも付属する。価格はBLESS秋葉原本店で2880円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2980円となっている。

スイッチ ジャケット
PCとの接続はUSB2.0でセンサーのON/OFF切り替えスイッチである“アンチチルトスイッチ”を備えるケース外観を衝撃から守る専用シリコンジャケットも付属

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中