このページの本文へ

標準でUSB Type-Cを装備、Wi-FiやBluetoothも追加可能

MiniSTXのミニサイズながら機能十分なASRock製ベアボーン、CFD販売より

2019年01月11日 17時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DeskMini A300/B/BB/BOX/JP」

 CFD販売は1月11日、ASRock製のベアボーン製品「DeskMini A300/B/BB/BOX/JP」の取扱を開始した。1月下旬に発売する。

 本体サイズはおよそ幅155×高さ155×奥行き80mmの小型筐体ながら、各種機能・オプションに対応する。筐体は別売のVESA規格マウントキットを用いることでディスプレー背面に装着可能。

 マザーボードにはA300チップセットを採用した「A300M-STX」を採用し、CPUソケットはAMD AM4 Socket。DDR4 SO-DIMMメモリースロット×2(最大32GB)、USB 3.1 Gen1 Type-Cも装備。映像出力はHDMI×1、DisplayPort×、D-sub×1を装備し、3画面同時出力も可能。内蔵ストレージには2.5型ドライブを2基内蔵できる。

2.5型HDD×2やWi-Fiキットを搭載可能、VESAマウントにも装着できる

 マザーボード上の専用スロットに別売のM.2 Wi-Fiキット(Wi-Fi+Bluetooth)を装着し、外部アンテナを取り付けることもできる。CPUクーラーとSATAケーブルが付属する。予想実売価格は1万9958円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中