このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第131回

実際に使い比べてメリットがわかった:

新MacBook Airを買う理由 MacBook、MacBook Proと比較

2018年11月21日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週はアップル新製品3機種を駆け足で取り上げました。実際に使い込んでみての印象はどうか。新型のMacBook Airを取材先や旅先に持ち歩いてみました。

■モバイル性ではMacBookに譲る

 今まで筆者は、モバイルでは12型のMacBook、仕事場では13型のMacBook Proを4Kディスプレーにつないで使ってきました。問題は、モバイルでもパワーがほしいときがある点です。

 モバイルとパワーは一見すると相反する要求に思えますが、最近はワークスタイルも多様化しています。出先で仕事をするのに適したデバイスを探している人も多いのではないでしょうか。

 まず携帯性の点で、新MacBook Airのサイズ感はMacBook Proによく似ています。幅と奥行きはまったく同じで、重量は120g軽い1.25kgとなっています。

MacBook Air(左)とMacBook Pro(右)。正面から見ると違いが分からないレベル

 ノートPCにとって120gは大きな差ですが、実際カバンの重さは資料やペットボトルなどを持ち歩くかどうかで簡単に変わってしまうものです。先日、妙にカバンが重いなと思ったら200g近いスマホが3台も入っていました。

 その意味で、12型MacBookはMacBook Airよりも330g軽い920g。少し意味のある差になってきます。

 それ以上に12型MacBookのサイズ感は、コンパクトでテーブルに乗せやすい、薄いため飛行機の前ポケットにも簡単に入れられるなど、モバイル利用で大きな違いを感じます。

飛行機のテーブルにMacBook Airを乗せてみると少し大きく感じる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン