このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第130回

iPad Proのアクセサリーは4割値下げしてほしい:

「iPad Pro」「MacBook Air」「Mac mini」お買い得は?

2018年11月13日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月7日、アップルの「iPad Pro」「MacBook Air」「Mac mini」新モデルが日本でも発売されました。秋の新製品ラッシュにより、つい最近スマホを買い換えたばかりという人も多く、すべてを買っていくのはなかなか難しいところ。どれがお買い得なのか考えていきましょう。

■ハードは極限まで進化したiPad Pro

 iPad Proの新製品は、サイズがほぼ同じで大画面化した11インチと、画面がほぼ同じでサイズが小型化した12.9インチの2モデル。どちらも画面周囲のベゼルが細くなり、表示領域がぐっと広がりました。

ハードは極限まで進化した「iPad Pro」12.9インチ

 これまでのiPad Proにほとんど不満はないものの、しいて言えばホームボタンが残っており、Apple Pencilは充電中に美観を損ねていました。新モデルではどちらもきれいに解決されており、これ以上改善するポイントが見つからないと思えるほど極限まで進化しています。

 買い換えをためらうとすれば価格でしょう。特にApple PencilとSmart Keyboardは両方とも新しくなって値上がりした上、過去のものと互換性がないため買いなおしが必要です。

ほぼ必須といえるアクセサリーは4割くらい値下げしてほしい

 もちろん仕事にバリバリ活用できるならばすぐ元が取れるとはいえ、iOSはファイルの扱いや、外部キーボードでATOKが使えないなど、PCほどの自由度はありません。一部のアプリはまだ新モデルに対応しておらず、黒い枠の内側に表示されてしまいますが、これは時間が解決するでしょう。

 全体的な使用感はすばらしく、Face IDが縦横どちらの向きにも対応し、キーボード接続時には何かキーを押すだけで使いはじめることができます。USB Type-Cの採用により拡張性も高まりました。何がどう進化したのかしっかり確認してから買うべき製品といえます。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン