このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プリンストンのデジギア道第69回

テストでも驚異の読み書き速度を見せつけた!

Nintendo Switchのロードが爆速になるmicroSDカードが凄かった

2018年02月23日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
使うだけでゲームロードが爆速に!?

Nintendo Switchを買ったならmicroSDカードも必須!

 発売以来入手困難となり、プレミア価格での販売も多数見られた「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。

 2月上旬の現在、在庫不足もおおむね解消されたようで、通常価格で購入できる店舗も増えてきたようだ。

2月上旬現在、購入できる店舗も増えてきている

 さて、そんなNintendo Switchと合わせ買いするユーザーが多いであろう周辺機器といえば「microSDカード」である。

 Nintendo Switchの内蔵ストレージは32GB。容量のバリエーションはないため、ダウンロードしたゲームのデータや、写真、動画を大量に保存するためには、microSDカードの利用がほぼ必須と言える。

 Nintendo Switchの公式サイトにはmincoSDカードについてというページが設けられており、使えるmicroSDカードの条件や、基本的な使い方が記載されている。

 また以下のような記載がある。

Nintendo Switchをより快適に遊んでいただくために、読み込み速度(転送速度)が高速なmicroSDカードをおすすめします。

 さらに具体的には、以下のように説明されている。

高速なSDカードの目安

・UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応
・読み込み速度 60~95MB/秒(読み込み速度が速いほど、Nintendo Switchをより快適に遊んでいただけます)

 データの読み書きが早いmicroSDカードを使えば、ゲームのロード時間が短縮でき、より快適に遊べるというわけだ。

プリンストンのPMSDAシリーズはどれだけ速い?

 規格団体であるSDアソシエーションの説明によると、microSDカードのスピードクラスには3種類の基準がある。1つめはリード/ライトの「最低保証速度」を表す「スピードクラス」、2つめはSDHC/SDXC向けの「UHS(Ultra Hi Speed)インターフェース」、3つめは4K以上の高解像度コンテンツのリード/ライトを念頭に策定された「ビデオスピードクラス」だ。

 プリンストンから新たに発売された「PMSDAシリーズ」のmicroSDカードは、スピードクラス10、UHSスピードクラス3(U3)、ビデオスピードクラスV30(32GBモデルはV10、U1仕様)というスペック。また、ラムダムリード/ライト速度を向上させたアプリケーションパフォーマンスクラス1(A1)にも対応している。

 このクラスがどれくらい高い性能を表しているのか、規格団体であるSDアソシエーションが公式サイトに掲載している図と照らし合わせて確認してみよう。

SDアソシエーションウェブサイトより

 スピードクラス、UHSスピードクラスが最高クラス、ビデオスピードクラスは上から3番目で、1秒あたり最低でも30MBの速度で読み書きできるということがわかる。

 公称では、読み出し最大95MB/s、書き込み最大75MB/sというスペックであり、市販されているmicroSDの中でも、非常に高い性能を持つことがわかる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン