このページの本文へ

技術で築いたおつまみを過信するな

ダース・ベイダー 柿ピーを吐く

2017年10月18日 17時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タカラトミーアーツは「STAR WARS おつまみサーバー」を11月30日から発売する。ラインアップは「ダース・ベイダー」「ストームトルーパー」の2種類で、価格はいずれも7538円。

 マスク型の本体の下部分に手を差し込むとセンサーが反応し、「I am your father.」など劇中のおなじみのセリフとともに、中に入れたおつまみが一口分ほど出てくる。レプリカマスク(およそ1/2スケール)としての側面も持ちあわせている。

カイロ・レンが大事に飾ってそう
ストームトルーパーもあるぞ

 ダース・ベイダーには「Yes, my master.」などのキャラクターボイスや吐息、ライトセーバーの音など、ストームトルーパーには「Don’t move.」「Freeze!」などのボイスや銃声音など、それぞれ約10種類の音声や効果音を内蔵。

 「パーティーモード」も搭載している。参加者が順にセンサーに触れると、ランダムで「帝国のマーチ」が流れ「Luke, it is your destiny.」(ルーク、これがお前の運命だ)などのセリフとともに、本体に入っているおつまみが通常よりも多めに出てくる。

 電池は単3アルカリ乾電池×3本。本体サイズはダース・ベイダーが幅180×奥行167×高さ235mm。ストームトルーパーが幅127×奥行160×高さ230mm。重量はいずれも630g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ