このページの本文へ

タイトルは「Counter-Strike:Grobal Offensive」「World of Tanks」「フィギュアヘッズ」

世界への登竜門に、サードウェーブデジノスが賞金総額500万円のe-Sports大会開催

2017年07月13日 22時40分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サードウェーブデジノスがe-Sportsの大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」を開催すると発表

 サードウェーブデジノスは7月13日に記者発表会を開催し、e-Sportsの大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」を開催すると発表した。

賞金総額は500万円! 3タイトルで大会を開催

GALLERIA GAMEMASTER CUPのロゴ

 GALLERIA GAMEMASTER CUPは、「チャレンジ部門」と「エントリー部門」の2つを実施。賞金総額は500万円となっている。

発表会では、サードウェーブデジノス コミュニケーション開発部 部長の大浦 豊弘氏が大会の詳細を説明した

 チャレンジ部門では、BenQのゲーミングブランド「ZOWIE」が主催するFPS「Counter-Strike:Grobal Offensive」の大会「eXTREMESLAND ZOWIE ASIA CS:GO 2017」の日本予選を開催。2016年は招待枠として日本代表は出場したが、2017年は日本予選を勝ち抜いた日本代表をアジア決戦大会に送り出すことになる。

「eXTREMESLAND ZOWIE ASIA CS:GO 2017」の日本予選を開催

 日本予選は、7月13日よりエントリー受付を開始し、8月に実施予定のオンライン予選で上位4チームを選抜。9月16日、17日に決勝大会を開催する。優勝チームには150万円、準優勝チームには30万円、同率3位(2チーム)には15万円、MVPにはMVP賞として10万円が贈られる。

 エントリー部門は、国内だけで完結する大会で、e-Sports コミュニティー活性化を目的に開催。競技タイトルは、Wargaming.netのオンラインタンクバトル「World of Tanks」と、スクウェア・エニックスのロボット対戦ゲーム「フィギュアヘッズ」。どちらも8月のオンライン予選大会で上位2チームを選抜し、9月16日、17日の決勝大会でチャンピオンを決定する。エントリー部門では、各タイトルの優勝チームに100万円、準優勝チームに30万円、MVPにはMVP賞として10万円が贈られる。

エントリー部門の競技タイトルは「World of Tanks」と「フィギュアヘッズ」

 なお、大会の模様はTwitchもしくはYouTube Liveで配信予定だ。

大会日程大会の後援、協賛、協力企業・団体

今動かないと取り残される

サードウェーブデジノス 取締役社長の田中 基文氏が登壇

 発表会では、サードウェーブデジノス 取締役社長の田中 基文氏が登壇。田中氏は「e-Sportsの市場は上がっており、観客もどんどん増えています。この動きは日本にも必ずやってくると思いますが、今動かないと世界に取り残されてしまうと感じ、今回の大会を開催するに至りました。また、PCゲームユーザーに喜んでもらうために何ができるかを考えたとき、e-Sportsを楽しめる場の提供する必要があるなと思いました。今後もe-Spotsの人口拡大に貢献していきたいです」と挨拶した。

e-Sportsの世界市場は、2020年には1682億円規模になると予想されている
e-sports促進機構理事の浜村 弘一氏

 また、e-sports促進機構理事の浜村 弘一氏も登壇。浜村氏は「日本でも『e-Spotsは来る』とずっと前からいわれてきました。しかし、3~4年前くらいから、これは何とかしなくてはいけないと思う人が増えてきています。野球やサッカーなどを考えると、実際に競技に参加しない人達も観戦して楽しんでいます。e-Sportsもそれと同じく、ゲームをプレーしない人たちを巻き込まないといけないと思っています。GALLERIA GAMEMASTER CUPで、熱い戦いが巻き起こることを期待しています」とコメントした。

一般社団法人 日本eスポーツ協会の馬場 章氏。馬場氏は「GALLERIA GAMEMASTER CUPは、協会としてもうれしい大会です。本大会を通じて世界で活躍できる選手が現れてほしい」と述べたインテル 執行役員 第3営業本部 本部長の藤木 貴子氏も登壇。「我々にとっても、e-Sportsは注目分野です。ぜひ多くの方にワクワクを感じてもらいたいです」とコメント
NVIDIA Japan コンスーマーマーケティング部 ゲーミング、ソーシャルメディア、キャンペーンマネージャーの谷口 純也氏。谷口氏は「e-Sportsは、日本でも盛り上がりをみせており、選手の腕も上がってきています。夢の舞台に挑戦できるプレーヤーがいると思うとワクワクします」と語ったスクウェア・エニックス 第7ビジネスディビジョン「フィギュアヘッズ」プロデューサーの織田 英治氏。織田氏は「フィギュアヘッズが大会のタイトルに選ばれて光栄です。フィギュアヘッズも、今後は世界大会を開きたいです。本大会はその登竜門になってくれればいいなと思っています」とコメント
ウォーゲーミングジャパン APACパブリッシングストラテジーディレクターのOzan Kocoglu氏は「本大会のタイトルに選ばれてうれしいです。No Tank No Battle!」とコメントし、会場を沸かせた

 最後に、田中氏が「我々は今回、本気でe-Sportsのムーブメントを起こそうと考えています。今、お隣の韓国でのe-Sportの盛り上がりはすごい状況です。今のままだと日本はガラパゴス化してしまい、国内だけで盛り上がることになってしまいます。GALLERIA GAMEMASTER CUPは、日本の選手のスキルが上がる、国際大会への登竜門になってくれればいいなと思っています」とコメントし、発表会を締めくくった。

田中氏は「GALLERIA GAMEMASTER CUPが世界への登竜門になってほしい」と熱く語った

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ