このページの本文へ

エアフローが考慮された配置、各パーツ間の空間も十分

ハイスペックだから気になる「GALLERIA GAMEMASTER GX」の熱対策をチェック

2017年04月26日 09時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GALLERIA GAMEMASTER GX」は拡張性の高いフルタワー型のデスクトップPC。ケースを開けなくてもPC内部が確認できる

 CPU・GPUともにハイスペックで、40タイトル以上の人気ゲームが動作確認済みという、ゲームに最適化されたゲーミングパソコン「GALLERIA Gamemaster GX」。拡張性にすぐれたGALLERIA専用KTケースが用いられている本機だが、安定したパフォーマンスを発揮するための熱対策はどのようになっているだろうか。今回はゲーミングパソコンとして重要な熱対策について検証してみる。

安定したパフォーマンスを実現する空気の流れ

 GALLERIA GAMEMASTER GXの内部は空気がよどむことなく流れるよう、エアフローが考慮された配置となっている。各パーツ間の空間も十分取られている。

GALLERIA GAMEMASTER GXの内部。各パーツ間のスペースが広く取られているのがわかる

 空気の取り入れは、筐体の高さが45cmとはいえ、より温度の低い空気を取り入れられるよう、パソコン前面下部と底面から行なう。発熱の大きいCPUには直接外からの空気が送り込めるよう、筐体右側のマザーボードの高さに空気を取り入れるための通気口も設けられている。

GALLERIA GAMEMASTER GXの底面。より低い温度の空気を取り入れる
筐体底面・前面下部から取り入れた空気は2つのファンでGPUを冷やす。このファンはGPUについているものだ

 GPUを通り暖められた空気は、筐体背面と上部から排出される。筐体右側と下から上がってきた空気は、マザーボードについているファンによって背面と上部に設置されているファンへ流れていき、空気が筐体内にとどまらないよう、すぐに排気されるようになっている。

筐体背面と上部についているファン。大きめのファン2つで強力に排気する
筐体上部の通気口。ファンがついていない部分にも通気口があり、そこからも排気される

 なお、熱を持ちやすい電源ユニットは下部に配置されているが、こちらも別途通気口が設けられている。

本体背面。上部には大型ファンによる排気口、下部は電源ユニット用の排気口がある

 パソコン内部のファンは合計5つになるが、稼働音はとても静かで、ゲームや音楽をジャマするような大きさではなかった。エアフローのためにゲームの臨場感が損なわれるようなことがないのはうれしいところだ。

40タイトル以上のゲームを、時間延長でサポート

 GALLERIA GAMEMASTERシリーズでは、40タイトル以上のゲームの動作をサポートしている。タイトルは様々なジャンルが用意され、すべて実機で確認されているので、公式サイトのサポートゲーム一覧に掲載されているゲームであれば、なんの心配もなくプレーすることができる。

 また、それらのゲームのインストールから登録・ログインなど、オンラインゲームでつまづきそうなことがあっても、GALLERIA GAMEMASTERシリーズ登録ユーザーであれば細かいサポートを受けることができる。

 通常のサポートデスクは21時までとなっているが、「GALLERIA GAMEMASTER」シリーズのサポートは24時間対応。夜中にゲーム起動などでわからないことがあっても、いつでもサポートしてもらえるのはとても安心だ。

GALLERIA GAMEMASTER GXのスペックと快適さをチェック

 GALLERIA GAMEMASTER GXのスペックは前回お伝えしたが、再度おさらいしておこう。CPU-Zを用いた結果は下記の通り。

GALLERIA GAMEMASTER GXのCPU、メモリー

 Windowsマシンとしての快適さを測るWIN SCORE SHAREで計測してみたところ、のきなみ8を超える高い数値が得られた。グラフィックスに関しては8.9と、9近いスコアとなった。

WIN SCORE SHAREの計測結果

 さらにCrystalDiskMarkを使ってストレージの速度を計測してみた。SSDはシーケンシャルアクセス、ランダムアクセスともに速い速度で読み書きが行なえる数値だ。HDDとのスコアと比べると、その速度の差は歴然だろう。

CrystalDiskMarkによるSSDの計測結果CrystalDiskMarkによるHDDの計測結果

 ここまでのデータでもGALLERIA GAMEMASTER GXのポテンシャルの高さが十分伝わってくる。次回は、グラフィックス性能やゲームの稼働について、ベンチマークなどを行ない、GALLERIA GAMEMASTER GXの実力を測ってみる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ