このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2016レポート第2回

無印、Deluxe、Ultraの3モデルが登場

RAM6GB搭載モデルは5万円強! ASUS「ZenFone 3」登場

2016年05月30日 17時30分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは5月31日から台湾で開催される「COMPUTEX TAIPEI 2016」に先立ち、新製品発表会「Zenvolution」を実施。新型スマホ「ZenFone 3」シリーズを3製品発表しました。

6GBメモリー搭載で約5万6000円の「ZenFone 3 Deluxe」

 ZenFone 3シリーズの最上位機種として発表されたのが「ZenFone 3 Deluxe」です。5.7型フルHD解像度の有機ELディスプレーを搭載し、CPUはSnapdragon 820、メモリーは最大6GB、ストレージは最大128GB。USB 3.0 Type-Cを採用し、クアルコムの急速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応。背面には指紋認証用のセンサーも備えています。

 背面カメラには2300万画素のソニー製「IMX 318」を採用し、レーザーAFとコントラストAF、像面位相差AFを組み合わせる 「Tri-Tceh Auto-Focus」により約0.03秒でフォーカスをあわせることも可能。光学式手ブレ補正も利用可能で、同社の超解像技術の最新版「PixelMaster 3.0」も搭載。4K動画撮影にも対応します。

 価格はメモリー6GB+ストレージ64GBモデルが499ドル(約5万5000円)から。先日ZTEが発表した6GBメモリースマホ「AXON 7」がメモリー6GB+ストレージ128GBで639ドル(約7万円)だと考えると、ZenFoneのほうが割安感があります。

4GBメモリー搭載のミドルレンジ「ZenFone 3」

 ミドルレンジモデルとして発表されたのは「ZenFone 3」。従来のZenFone 2シリーズからデザインテーマを一新し、クリスタルをモチーフにしています。横のベゼル幅は約2.1ミリ。ディスプレーはフルHD解像度のIPS液晶。カメラは背面が1600万画素、正面が800万画素。Deluxeと同じく、Tri-Tceh Auto-Focusの利用や、4K動画撮影が可能。指紋センサーも搭載しています。

 ミドルレンジということで、CPUはSnapdragon 625、メモリーは最大4GB、バッテリー容量は3000mAhと、Deluxeよりはやや抑えめな印象ですが、必要十分以上のスペックを備えています。価格は3GBメモリー+32GBストレージモデルが、249ドル(約2万800円)からとなっています。

4K TV並みの画像処理技術を採用した
ファブレット「ZenFone 3 Ultra」

 最後に発表されたのが、6.8型フルHD液晶を搭載したファブレット端末「ZenFone 3 Ultra」。USB Type-C端子を採用しDisplayPortとしても利用できます。

 同社が「4K解像度TV並」と称する画像処理技術「Tru2life+」は、静止画と動画どちらにも適用され、シャープネス、コントラストの改善、ブラーの低減などが行なわれます。また、「SonicMaster 3.0」により、ハイレゾ音源の再生・出力が可能。スピーカーは下側面のステレオ仕様で、DTS Headphone: Xによる7.1ch疑似サラウンド環境で再生できます。

 大画面端末ということで、映画や音楽を最大限に楽しめるスマホに仕上がっているようです。価格は、メモリー4GB+ストレージ64GBモデルが、479ドル(約5万3000円)からとなっています。

 記事執筆時点では、日本での展開などは未定。詳細スペックやファーストインプレッションは、今後更新される現地レポートをお楽しみに!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART