このページの本文へ

オリンパスが5つのセンサーを内蔵するアクションカメラを発表

2016年05月24日 15時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「STYLUS TG-Tracker」 「STYLUS TG-Tracker
「STYLUS TG-Tracker」。本体カラーは2色

 オリンパスは5月24日、4Kアクションカメラ「STYLUS TG-Tracker」を発表した。6月下旬発売予定。

 GPSに気圧センサー、温度センサー、方位センサー、加速度センサーを搭載するアクションカメラで、水深30mまでの防水性能に高さ2.1mからの落下に耐えうる耐衝撃性、最大100kfgの荷重に耐えうる堅牢性、マイナス10度での撮影が可能な耐寒性、および防塵性を備える。

スマホアプリで動画とログデータを連動表示可能。ログデータは地図と高度(水深)を切り替えて表示できる スマホアプリで動画とログデータを連動表示可能。ログデータは地図と高度(水深)を切り替えて表示できる

 無線LANを内蔵しており、測定したログデータと動画をスマートフォンに転送できる。同社のアプリ「OLYMPUS Image Track」を利用すれば、ログデータと動画を連動させつつ同時に表示可能だ。

 撮像素子には720万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、電子式の5軸手ブレ補正を内蔵。記録フォーマットはMOV/H.264で、最大4K30pの動画記録が可能だ。

 204度の超広角レンズにより、広い画角での撮影が可能。ちなみに水中撮影時は同梱のプロテクターを装着する必要があり、画角は94度となる。

付属のハンディーグリップを装着したところ モニターは開閉はするが回転はしない
付属のハンディーグリップを装着したところモニターは開閉はするが回転はしない

 本体にはハンディーグリップが同梱されており、旧サンヨーの「ザクティ」のようなグリップスタイルで撮影できる。

 1.5型の液晶モニターは90度に開閉するが、被写体側にモニターを回転する機構は備わっていない。ただし、グリップ前方に鏡を配置しているため、鏡で画角を調整しながらの自撮りは可能となっている。

 このほか、本体前面にLEDライトを内蔵。通常時は60ルーメン、動画撮影時は20ルーメンの明るさで被写体を照らすことができる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART