このページの本文へ

4K画質で360度撮影ができるアクションカメラ「Kodak PIXPRO SP360 4K」が登場

2015年11月11日 16時12分更新

文● 橋本 優/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 マスプロ電工は11月11日、4K相当の画質で撮影可能な360度カメラ「Kodak PIXPRO SP360 4K」を発表した。11月27日発売予定で、同社オンラインショップでの税別価格は5万9500円。

「Kodak PIXPRO SP360 4K」
「Kodak PIXPRO SP360 4K」
本体側面に操作ボタンを搭載 別の側面にはmicroSDカードスロットなどのインターフェースと三脚穴を搭載する
本体側面に操作ボタンを搭載別の側面にはmicroSDカードスロットなどのインターフェースと三脚穴を搭載する

 同社は2013年にKodak PIXPROブランドの日本総代理店契約を締結。360度撮影が可能なアクションカメラ「Kodak PIXPRO SP360」を発売した。本製品はその上位機種という位置づけだ。

従来モデル(左)と新モデル(右)。Kodakのフイルム箱のような本体カラーがブラック一色になった 上面の超広角レンズ。周囲360度の撮影が可能だ
従来モデル(左)と新モデル(右)。Kodakのフイルム箱のような本体カラーがブラック一色になった上面の超広角レンズ。周囲360度の撮影が可能だ

 約800万画素、2880×2880ドットで撮影可能。有効1240万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを上方向に配置し、超広角レンズを通すことで水平方向に360度、垂直方向に235度の撮影が可能となっている。

このようにさまざまなモードでの撮影が可能だ

 アクションカメラということで、IPX5の防滴性能にIPX6の防塵性、2mの落下に耐えうる耐衝撃性、マイナス10度までの耐低温性を持つ。本体にはバッテリーを内蔵しており、4K画質で最大55分の撮影が可能だ。

 本体に映像表示用のモニターは搭載していないが、ライブビュー(撮影画面)は無線LAN接続したPCまたはスマートフォンで確認できる。PCやスマホからの遠隔操作にも対応する。

 また、Webカメラモードを搭載し、PCとUSB接続することでウェブカメラとしても使用できる。

本体を2台装着できる「ダブルベースマウント」。全天球動画が撮れる 本体を2台装着できる「ダブルベースマウント」。全天球動画が撮れる

 なお、本機を前後に2台装着可能な「ダブルベースマウント」(価格未定)を2016年1月下旬に発売予定で、専用ソフトウェア(無償)を使うことで全天球動画の作成が可能となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART