このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第370回

日本から産まれてほしいこだわりのモバイルバッテリー「myCharge」を衝動買い!

2016年03月09日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HUBMAXはデザイン良し、使い勝手良しの世界最高クラスのモバイルバッテリーだ
HUBMAXはデザイン良し、使い勝手良しの世界最高クラスのモバイルバッテリーだ

 本連載で“USBモバイルバッテリー”を紹介するのは、もう何度目か忘れてしまうほどだ。機能てんこ盛りでSNSの急成長時代では、スマホのパワーマネジメントの改善もアッという間に食い尽くしてしまう。

 そのため、出先やオン・ザ・ウェイで電池切れを起こしそうになった自分のスマホやタブレットに給電するUSBモバイルバッテリーの市場は幸か不幸かどんどん活況を呈し、拡大の一途を辿っている。

コスパ追求のモバイルバッテリーだけでなく
機能性も重視した製品がたまには欲しい

さまざまなモバイルバッテリーが発売されている日本だが、比較はいつも容量と値段だけの世界だ。一番欲しいのは使い勝手をよく考えた、ほかとは違う製品。下段左から2番目は市販の9Vバッテリーを使う「CHARGE-KEY」で、その右隣りは800mAhと小容量のケーブル兼モバイルバッテリー
さまざまなモバイルバッテリーが発売されている日本だが、比較はいつも容量と値段だけの世界だ。一番欲しいのは使い勝手をよく考えた、ほかとは違う製品。下段左から2番目は市販の9Vバッテリーを使う「CHARGE-KEY」で、その右隣りは800mAhと小容量のケーブル兼モバイルバッテリー

 アキバやネットには、あらゆるスタイルのUSBモバイルバッテリーがあふれる日本だが、なぜかあまりお目にかかれないスタイルの商品が2種類ほどある。

コスパだけで国内できっと一番売れている何の変哲もないモバイルバッテリーとケーブル
コスパだけで国内できっと一番売れている何の変哲もないモバイルバッテリーとケーブル

 海外でもそして日本市場でも一番売れているのは、当然のように“リーズナブルなバッテリー容量と外形サイズ”で、使い勝手は二の次でもとにかく安い通称“コスパの優れた商品”だ。

 もはや国民全員が持つようになったスマホの給電デバイスなら当然の結果かもしれない。しかし、多少なりともモノにこだわるガジェットユーザーであれば、コスパの優れた商品だけが市場にあふれかえって単なる価格競争だけが蔓延することは残念でならないだろう。

 日本国内の市場にはほとんど出回ってはいないが、海外のネット市場では、日本では滅多にお目にかかれないユニークな“小容量”のUSBモバイルバッテリーや“ケーブルマネジメントを究極まで追求した衝動買いしてしまいそうなUSBモバイルバッテリー”がある。

CHARGE-KEYと市販の9Vリチウム電池の充電システムは極めて個性的だ こういう充電スタイルとなるが……本当に困ったときに出番がやってくる
CHARGE-KEYと市販の9Vリチウム電池の充電システムは極めて個性的だこういう充電スタイルとなるが……本当に困ったときに出番がやってくる

 小容量コンパクトの代表選手は、使い捨ての9Vリチウムバッテリー(1200mAh)を利用した「CHARGE-KEY」(スマホ給電アダプター・キー)だ。また、ショートケーブル込みで一辺わずか5cmの“ジャンプケーブル”(800mAhのバッテリーも内蔵)もUSBモバイルバッテリーの価値あるプロダクトだ。

 残念ながら、一部の例外を除き日本国内のメーカーは、モバイルバッテリーそのモノへの充電方法やスマホへの給電ケーブルの便利さと合理性を考える“ケーブルマネジメント”への研究意欲が極めて低いと感じざるをえない。

 機能性を追求したプロダクトデザインの面でも海外の先進性ある商品に大きく引き離されているのが現実だ。USBモバイルバッテリーは“そこそこ安全で普通に充電さえできれば安いほど良い”という要件だけが注目を浴びているからだろうか?

myChargeブランドで完璧なケーブルマネジメントを実現しているHUBMAX myChargeブランドで完璧なケーブルマネジメントを実現しているHUBMAX

 今回ご紹介するのは、米国カリフォルニアに本拠を置く「RFA Brands,LLC」が販売する「myCharge」ブランドのモバイルバッテリー「HUBMAX」(ハブマックス:9000mAh)という高機能モデルだ。

 残念ながら、今のところ国内でこの商品を輸入販売している会社や代理店は見当たらない。どうしても一見して“コスパ”のよく見えるただの安価な商品に目が行ってしまうと、高価格ゆえうっかり見過ごされてしまう商品なので極めて残念だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART