このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

配達に利用するバイクとクルマを公開

アマゾンが商品の1時間配送「Prime Now」を実現した“倉庫”に潜入

2015年11月19日 19時45分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アマゾンの倉庫。実際にここから注文された商品が配送される

 第一報で伝えたとおり、アマゾンはAmazonプライム会員向けの新サービス「Prime Now」を本日より開始した。

 これに合わせ都内で新サービスに関する発表会が開催されたのでレポートをお届けする。実際にアマゾンが取り扱う商品がまとめられた倉庫や、配達員の様子は普段見られないのでぜひ見てチェックしてほしい。

アマゾン・ジャパン代表取締役社長ジャスパー・チャン氏

 アマゾン・ジャパン代表取締役社長のジャスパー・チャン氏は、同社の企業理念をはじめ、現在数多く展開しているサービスについて説明した。

 「Amazonプライム」は、2007年に「翌日配送サービス」としてスタートし、2009年には「当日お急ぎ便」、2010年には「お届け日時指定便」をそれぞれ開始。2015年7月には「会員限定タイムセール」を実施するなど、同サービスに力を入れていること改めて強調した。また、まとめて買い物ができる「Amazonパントリー」、映画やテレビ番組が見放題「プライム・ビデオ」、100万曲以上の音楽が聴き放題「Prime Music」などについてもアピールした。

アマゾンが取り扱う1万8000点の商品が1時間以内で配送できる

 本日開始となったPrime Nowでは、午前6時から深夜1時の配達時間を選べる「1時間以内配送(890円)」と、午前6時から深夜0時までのあいだ2時間単位で配達時間を選べる「2時間便(無料)」がある。注文は1回あたり2500円以上、ひとつの商品から利用することが可能。食品や日用品、ギフト用品、家電など1万8000点の商品が対象となる。

 また現時点においての配達対象エリアは、世田谷区、目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区(一部除く)となり、順次対象エリアを拡大していくという。購入した商品は専用パッケージに梱包され、玄関口まで届けられる(置き配にも対応)。

アマゾン アマゾン
Amazonプライムの歴史を紹介 会員数は増え続けているという
アマゾン アマゾン
6時から23時59分まで「1時間以内配送」が可能 対象エリアは順次拡大

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART