このページの本文へ

新歌姫・鈴木みのりが披露目

マクロスの歌姫がユニット化! 最新作「マクロスΔ」超時空製作発表会

2015年10月29日 20時54分更新

文● MOVIEW 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「マクロスF」以来の新作となるシリーズ最新作「マクロスΔ(デルタ)」がいよいよ発表された。超時空製作発表会と銘打たれた発表会は、会場につめかけた多くの報道陣のほか、ネットでもライブ中継され、その関心の高さが伺われた。

 そして、マクロスといえばやはり歌。昨年12月から行なわれた新歌姫オーディションには約8000人が応募し、そのオーディションで選ばれた新歌姫“フレイア・ヴィオン”役を務める鈴木みのりさんがお披露目された。

今度の歌姫はユニット
複雑な人間ドラマが描かれる

 この発表会に合わせて新たに公開されたキービジュアルのは2種類。描かれている男性キャラは、ある星の王家に仕える空中騎士団に所属しており、バルキリーに搭乗するとのこと。

 もう1枚に描かれている女性キャラは1つのユニットとして活躍することが明かされ、正式名称は「戦術音楽ユニット ワルキューレ」となる。安田賢司監督からは「彼女たちはバルキリーに乗らないが、共同で作戦を行なう。歌を背景にではなく共同作戦というのが新しい試み」と語られた。

 本作の舞台は、これまでのマクロスシリーズのような移民船団ではなく、辺境の星が舞台の物語。時代背景としては河森正治総監督から「マクロスF」の8年後の西暦2067年であることが発表され、銀河のかなり辺境の、遠く離れた星々が舞台であることも明らかにされた。「マクロスF」で発見された地球型の星との関連について聞かれた安田監督は「そのへんはお楽しみに」と含みを持たせていた。

河森正治総監督

 登場キャラクターはこのキービジュアル以外にも多数いるようで、この中に主役がいるかどうかもわからないとのこと。安田監督は「現実社会でも、違う生き方、いろいろな考え方を持っている人がいるので、それをマクロスのキャラクターを使って見せていきたい」と語り、マクロスシリーズの特徴でもある三角関係については「どこにどんな形で、いくつ三角関係ができるのか、楽しみにしてもらいたい」と、多数のキャラクターによる複雑なドラマが展開されるようだ。

安田賢司監督

8000人のなかから選出
新歌姫は18歳

 そして気になる新歌姫は、「このキービジュアルの中の一人が中心的な役割のヒロインを演じることになる」と河森総監督から明かされ、新歌姫オーディションで選ばれたフレイア役の鈴木みのりさんが紹介された。

鈴木みのりさん

 鈴木さんを選んだ理由として河森総監督は「すごく前向きでアクティブ。フレイアの性格によくあっていた」と語った。さらに「マクロスシリーズの歌姫は、歌も声の演技もうまくなければならず、その力を持っていて、いろいろなオーダーを出したときの反応がすごくよかった」と鈴木さんのポテンシャルの高さを好評価していた。

 初お披露目ということで少し緊張の面持ちだった鈴木さんは、とても元気ではきはきとした受け答えをする18歳。今回のオーディションについて、「最終審査で台本をもらったときに運命を感じた」というフレイア役への意気込みを聞かれると「フレイアがものすごく元気で、いままでの歌姫にないパワフルな娘なので、それに負けないように、元気で、笑顔で、楽しくがんばっていこうと思います」としっかりとした口調で答えていた。

YF-30の発展系「VF-31 ジークフリード」が公開

 マクロスシリーズのもう一つの顔である変形メカとして、新機種2機が公開された。一つはワルキューレと共同作戦を遂行する「VF-31 ジークフリード」。ゲームに登場したYF-30の発展系で、ミニガンポッドがいままでになかったギミックとのこと。

 もう一つが「Sv-262 ドラケンIII」。こちらは風の王国の空中騎士団が搭乗する機体で、マクロスビジュアルアーティストの天神英貴さんから「全体が翼になっているのが特徴。コクピットが透明ではなく、家の紋章が入っている」と紹介された。今回変形後の姿は公開されなかったが、河森総監督は「いまはまだ謎にしておきたい」と、何やら仕掛けがありそうなニュアンスを伝えていた。

 まだまだ発表されていない情報も多い本作は、これから少しずつ情報が発表されていく予定だが、年末にTV特番として「マクロスΔ先取りスペシャル」が、TOKYO MXにて12月31日18時から放送されることが明らかになった。この特番では、鈴木さんのドキュメントに加え、第1話をほぼ放送するとのことで、現在編集作業中とのことだ。

作品解説
 西暦2067年…銀河系辺境の星系を中心に、我を失い狂暴化し破壊の限りを尽くす“ヴァール”シンドロームが、拡大しようとしていた。

 事態を重く見た星間複合企業体は、その症状を鎮静化するため、少女たちによる“戦術音楽ユニット「ワルキューレ」” と、共同作戦を遂行する“バルキリー部隊”を結成。一方、“風の王国”の“空中騎士団”と呼ばれる“謎のバルキリー部隊”が動き始める。

 “プロトカルチャーの遺産”の謎が絡み合い、星系を超える熱き恋と友情の物語が幕を上げる。

スタッフ
原作:河森正治・スタジオぬえ
総監督:河森正治
監督:安田賢司
シリーズ構成・脚本:根元歳三
キャラクター原案:実田千聖[CAPCOM]
キャラクターデザイン:まじろ/進藤優
マクロスビジュアルアーティスト:天神英貴
色彩設計:林可奈子
美術監督:池田繁美[アトリエ・ムサ]、丸山由紀子[アトリエ・ムサ]
世界観デザイン:ロマン・トマ
美術設定:ニエム・ヴィンセント
バルキリーデザイン:河森正治
メカニックデザイン:ブリュネ・スタニスラス
撮影監督:岩崎敦[T2studio]
CGディレクター:森野浩典
CGスーパーバイザー:加島裕幸[unknownCASE]
CGアニメーションディレクター:崎山敦嗣[unknownCASE]
編集:坪根健太郎[REAL-T]
音楽制作:フライングドッグ
音響監督:三間雅文
アニメーション制作:サテライト

年末TV特番「マクロスΔ(デルタ)先取りスペシャル」
放送スケジュール:2015年12月31日(木)18:00~
放送局:TOKYO MX、BS11

地上波初放送! 劇場版マクロスF年末特番
「劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~」2015年12月29日(火)18:00~
「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」2015年12月30日(水)18:00~
放送局:TOKYO MX

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社