このページの本文へ

au MVNOのSIMがiPhone 6で使える!? mineoがテスト用プロファイルを配布

2015年07月14日 21時00分更新

文● 二子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモMVNOのSIMは、SIMフリー版やドコモ版のiPhone/iPadで使えるのに対し、au MVNOのSIMは、iOS 8以降のiPhone/iPadで使えないという状況が長らく続いてきた。

 この状況に変化の兆しが見えてきた。その発端となったのが、IIJのエンジニアが、IIJmioでの各種動作確認や技術的背景などの情報を伝えるブログ「てくろぐ」だ(関連リンク)。

 該当記事では、IIJmioのSIM+iPhone/iPadでLTEに繋がりにくい問題の解決策として、iOS 8で追加された仕様やパラメータを用いた構成プロファイルを主に実験好きのユーザーに対して、テスト的に配布。また、同様のパラメータを用いることで、au MVNO+iPhoneでもデータ通信ができることを公表した(IIJでは法人限定でau 4G LTE網を用いたサービスも提供している)。

 これに対して、同じくブログ上で反応したのが、au MVNOのmineo(関連リンク)。てくろぐの内容を参考に、mineo向けに作った構成プロファイルで接続を試みたとのことだ。結果はiPhone 6/iPhone 6 Plus/iPad mini 2といった最新世代の端末で「今のところ安定」、iPhone 5sでは「接続不安定」という状況だとしている。

mineoでの状況は「マイネ王」のブログに詳しく掲載されている

 テスト用の構成プロファイルについても、ブログ上で公開されているが、あくまでサポート対象外であることが明記されている。また、この構成プロファイルの存在をもとに、動作確認ができているiOS 7からiOS 8.4へのバージョンアップは避けるよう注意がなされている。

SIMフリー版iPhone 6 Plus+mineoのデータSIMでテストしたが、通信が可能だった。ほぼ諦めという状況だったau MVNO+iPhoneの組み合わせだが、少しだけ希望が見えてきた?

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中