このページの本文へ

数日間続くゆっくりとした地すべり型地震「スロースリップ」の可能性

九州・日向灘の南海トラフ西方域の海底地震のしくみに新たな発見

2015年05月08日 19時05分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
浅部スロー地震の移動と、通常の地震発生域(深さ10~30km)のプレート間固着との関係についての解釈図

 九州大学や東大地震研究所など研究グループは5月8日、九州東方の日向灘・南海トラフ近傍のプレート境界浅部で発生する「低周波微動」を発見、この地域のプレートの海底地震発生メカニズムに新たな知見を得たと発表した。

海底地震計の設置・回収を行った長崎大学水産学部練習船「長崎丸」(左)と海底地震計(右) 

 海溝型の巨大地震が発生する南海トラフ地域では、スロー地震と呼ばれる断層すべりが発生していることが最近の研究で判明している。プレート境界では数日間継続するゆっくりとしたすべり(スロースリップ)が発生し、その際は低周波微動(周期0.5秒程度)・超低周波地震(周期10~20秒程度)が観測できることは知られているが、この地域では陸の観測網から外れているためこれまでどのような挙動をしているのか分かっていなかった。

図1:海底地震観測網(黄色の四角:数字は観測点番号)によって捉えられた浅部低周波微動の震央分布(丸印:色は発生日時)

 九州大学は、鹿児島大学、長崎大学、東京大学地震研究所と共同で海底地震計の設置・回収を行い、2013年5月から約1ヶ月の観測を行った。その結果、浅部低周波微動と浅部超低周波地震を高精度で観測し、この2種のスロー地震がほぼ同様の活動をしていることが分かった。

図1のN-S測線に沿った距離で投影した浅部低周波微動の時空間プロット(横軸は時間)。震源は1日あたり30~60kmも移動し、翌日には高速で逆方向に移動する。※グレーのエリアは海底地震観測網の外にあるので低精度データ

 これまでの研究と観測データから、これらの微動は数日間継続するスロースリップによって起きていると推測できるという。微動震源の移動と通常の地震の程度を比較したところ、九州パラオ海嶺を境界として東側はプレート固着が強く活動が限定的・不活発で、西側はプレート固着が弱くゆっくりとした持続性のすべりが多発している推測できる。

 研究グループでは、プレート境界の固着程度をより細かく研究することは、将来的に起きると予想される東海・東南海トラフの巨大地震の発生モデルの高度化に寄与できるとしている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン