このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

何倍も速度アップ! 最新周辺機器換装特集 ― 第2回

Windowsを起動したままでOK! HDDからSSDに換装して爆速化

2014年10月22日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

交換しただけだとエラーになるので一手間かける

 クローンが完了したら、PCの電源を落として、HDDとSSDを交換する。本来は、電源を入れれば同じ環境のWindowsが起動するのだが、エラーになってしまう。これは、クローンで作成したWindowsパーティションがアクティブになっていないため。データはコピーされているのだが、OSを起動させる情報が整っていないのだ。とはいえ、これはコマンドプロンプトと標準の修復ツールで修正できる。

 まずはWindows 8のインストールディスクからブートする。ディスクから起動せずにエラーになる場合は、BIOSの設定やブートメニューで光学ドライブから起動するようにする。インストール画面が出たら、「コンピューターを修復する」を選択し、「コマンドプロンプト」を開く。コマンドを入力することで、Windowsが入っているパーティションをアクティブにし、起動情報を修正するのだ。

 最初に「diskpart」と入力して、パーティションを扱うモードに入り、「list disk」と入力。SSDのみの場合は一つしか表示されないので、「select disk 0」と入力する。ほかのHDDなどをつないでいるとリストに表示されるが、必ずSSDを選ぶこと。

 続いて「list partition」と入力。システム予約領域350MBと残りのWindowsが入っているパーティションの二つが表示される。そこで、「select partition 2」と入力する。この状態で「active」と入力すれば、Windowsのパーティションが起動用としてマークされる。diskpartコマンドを終了したら、bootrecコマンドでブート情報とMBRを修正し、コマンドプロンプトは終了する。

 さらにもう一度Windowsのインストールディスクで起動し直し、「スタートアップ修復」を実行すれば、Windowsが起動するようになる。

つなぎ替えただけで起動すると「エラーコード0x000000e」が表示される。Enterキーを押しても状況は変わらずWindows8のインストールディスクを挿入し、ブートする。ブートメニューなどで、光学ドライブから起動できるようにしておこう
インストールでおなじみの画面が開いたら、「次へ」をクリックする左下の「コンピューターを修復する」をクリックする
「トラブルシューティング」をクリックする「詳細オプション」をクリックする
「コマンドプロンプト」をクリックする「diskpart」「list disk」「select disk 0」と入力し、SSDを選択する
「list partition」「select partition 2」と入力し、Windowsが入っているパーティションを選択する。続いて「active」と入力。「exit」と入力してdiskpartコマンドを終了させたら、「bootrec /fixboot」「bootrec /fixmbr」と入力するこの状態で再起動すると、画面のエラーが表示される
Windows8のインストールディスクから起動し、「次へ」→「コンピューターを修復する」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ修復」をクリックするこのエラー画面が表示される場合は、ほかのHDDが優先的に起動するようになっているため。取り外すかBIOSでSSDから起動するように設定しよう
元と同じ環境のWindowsが起動できた。動作は比べ物にならないくらい快適だ

 コマンドの入力が面倒に感じるかもしれないが、紹介したとおりに作業すれば難しいことはない。Windows上からバックアップできるので、作業を中断しなくて済むし、HDDとSSDの差し替えは2分でできる。コマンドの入力も3分かからないだろう。一番時間がかかるのは、再起動の時間だった。

 フリーソフトとわずかな作業時間、8000円から購入できるSSDで、PCが劇的に速くなるなら安いもの。PCのスピードに不満を抱えているなら、ぜひチャレンジしてみよう。どんなツールやテクニックでも得られない高速化が実現できるだろう。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「ポケット百科 GALAXY SII LTE 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART