このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ついに発表、Amazonスマホ「Fire Phone」の詳細スペックを見る

2014年06月19日 18時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Amazonが、長らくウワサされていたスマートフォン「Fire Phone」を発表した。同社のタブレット「Kindle Fire」シリーズと同じく、Androidをベースとしながらも、Amazonのサービスと一体化した独自OS「Fire OS 3.5.0」を搭載している。

 本記事では、Amazon.comのページから確認できる機能・スペック面について詳しく見ていこう。

Amazonフォンがついに発表された

契約付きで199ドル、単体では649ドルから
サービス付きでの格安は追求してない?

 まず注目の価格は199ドルから――ただし、これは日本で言うところの実質価格に近いもので、アメリカの携帯キャリアであるAT&Tの2年契約が前提となっている。契約がセットではない、単体価格は649ドル。この価格は32GB版で、64GB版はそれぞれ100ドルがプラスされる。

 同社では16GB版の他社スマホ(iPhone 5s?)と同価格とアピールしているが、後述するスペックを考えると、独自機能の魅力を差し引いても、率直なところ、Kindle Fireにあった手頃感はない。なお、現在は予約受付中で、7月25日のリリースと表示されている。

特徴的な前面四隅のセンサー
Amazonサービスと直結した独自のボタン

 これまでのスマホに無かった特徴が、本来のインカメラのほかに、端末前面の四隅に設置されたカメラ(センサー)だ。Amazonは「Dynamic Perspective」と呼んでいるが、このセンサーによって、ユーザーの頭の位置などを読み取り、各種の機能を実現する。たとえば、端末を傾けるだけで地図のメニューを表示したり、電子書籍のページを進めることなどが可能。すでにDynamic Perspectiveを活用するためのSDKも公開されている。

前面のセンサーがすこし不思議な印象を受ける

 また端末側面には「Firefly」と呼ばれる独自ボタンが用意されている。この独自ボタンはメールや連絡先へのアクセスなど、スマホを活用するためのショートカットキーとしても用いられるが、Amazonとのサービスに直結しているという要素も持っている。

本体側面に独自のキーが

 たとえば、ユーザーがインターネットラジオを聞いている最中に、Fireflyキーを押すことですぐにその楽曲を購入できるといったイメージだ。雑貨や書籍、DVD、ゲームなどでも同様のことが可能としており、Amazon依存症のユーザーにとっては極めて危険なボタンになること間違いなし(?)。また、Amazonプライムの各種機能もFire Phoneユーザーは利用できる。


(次ページでは、「Fire Phoneのスマホとしての主要スペックをチェック」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART