このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー ― 第46回

IGZO搭載の「AQUOS PHONE ZETA」を使い倒した!

2014年01月26日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

長時間駆動とサクサク動作の
シャープ「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」

 ドコモの2013~2014年冬春モデルとしてラインナップされた「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」。シャープ製端末のフラッグシップ的な位置づけで、現時点での最高スペックを詰め合わせている。ただスペックベース、とくにCPUの性能については、冬モデル全般でほぼ横並び。スペックによる判断はとても難しくなっている。

 そんなわけで、2013年から主流となった5型スマホの場合、バッテリー駆動時間や持ちやすさ、ハードウェアボタンのレイアウトを重視する傾向が強くなっている。それに対するシャープ流のひとつの回答になっているのが、AQUOS PHONE ZETA SH-01Fだ。

今回レビューするのは、シャープのフラッグシップ、ドコモから発売されている「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」だ!

片手持ちよりも両手持ちが使いやすい

 5型ディスプレー搭載のAQUOS PHONE ZETAのサイズは、約141mm×約70mm×約8.9mm(最厚部約9.2mm)。約70mmの横幅は、片手に収まるかどうかが気になるところ。ジャケットを装着すると約75~76mmになることもあるので、手が大きくないとまともに片手操作できない横幅と言える。持ち心地は良好だが、手のサイズは千差万別なので店頭で実機を持って見ることをオススメする。

 背面はラウンドフォルムを採用しており、両手操作での持ち心地は良好。重さ139gと、5型クラスにしては軽いのも影響しているだろう。なお、カラバリはイメージカラーをNavyとし、WhiteとRedの3色を用意している。

 それでは、ハードウェアボタンを見てみよう。特徴的なレイアウトになっており、本体右側面に電源/スリープボタンを備えているのみ。ボリュームキーは本体正面下部にタッチ式で用意されている。また、後述するがグリップマジックと呼ばれる機能により、スリープから復帰させる際には、端末を握るだけと、かなり尖った設計になっているのだ。異色に見えてしまうが、グリップマジックはもちろん、ボリュームの調整は片手でもできるため、キーアサインできるアプリケーションであれば、5型でありながら安定した状態である程度のアプリ操作が行なえる。

本体正面。左上に210万画素インカメラ、その隣に環境光センサーと近接センサーがあり、上部中央に受話口がある。下部にはタッチ式のボリュームキー本体背面。1630万画素アウトカメラとLEDライト、スピーカー、ノイズキャンセリング用マイク
本体上部。ヘッドフォンジャックとカバー裏にSIMカード・microSDカードスロットがある。ヘッドフォンジャックからのノイズは、試用中は確認していない。また、キャップレス防水なのもうれしい本体下部。ストラップホールとmicroUSB、マイクがある。microUSBもキャップレス防水になっている。お風呂から出た直後に充電すると故障の元になるため、ちゃんと換装させよう
本体左側面。本体下部側にグリップマジック用センサーがあるのだが、どこにあるかわからないデザインになっている本体右側面。電源/スリープボタンと(見えないが)グリップマジック用センサーがある
本体正面下部にあるボリュームキー。これまでのスマホにはない場所にあるため、慣れるまで少し時間がかかるかも
本体上部のカバーを開けたところフルセグアンテナを伸ばしたところ

 スペックをみると、特筆すべき部分はバッテリー駆動時間と無線LANのIEEE11ac対応。一方で国内メーカー製端末でありながら赤外線は非対応。バッテリー容量は3000mAhで、カタログスペックでの駆動時間は、連続通話で910分。実使用時間は約98.9時間と、かなりの長時間駆動である。これはIGZOパネルの省エネ性能に加えて、独自エンジン「FEEL artist」、大容量バッテリー、「エコ技」によるものだ。

 なおこの「実使用時間」は、ドコモのスペック表に追加された項目で、Web閲覧などを約40分、メールや電話を約20分、ゲームや動画、音楽を約15分、その他の操作約5分の合計80分を1日あたりの一般的なスマホ利用時間としたもの。ASCII.jp読者は、そんなカジュアルな用途は少ないと思われるため、1日半ほど動くという判断でいいだろう。

左が筆者宅に届いた直後のバッテリー残量。右は14日経過のもの。ちなみに、SIMカードを挿してないので、あくまでも目安として考えてほしい

 そのほかのスペックについては下記表を参考にしてもらいたい。

「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 5型IGZO液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約70×141×8.9mm
重量 約139g
CPU Snapdragon 800 2.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
Xi ○(下り150Mbps)
Xi対応周波数 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
カメラ画素数 リア:約1630万画素CMOS/イン:約210万画素CMOS
バッテリー容量 3000mAh
(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ ○(+フルセグ)
NOTTV
赤外線 ×
防水/防塵 ○/×
Qi ×
連続待受時間(3G/LTE) 約700時間/約580時間
連続通話時間(3G) 約910分
カラバリ Navy、White、Red、メタルスライム

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART