このページの本文へ

1920×1200画素のWUXGAディスプレイ

システナ、モバイルOS「TIZEN」搭載の10.1インチタブレットを開発

2013年06月24日 16時13分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「TIZEN」搭載の10.1インチタブレット

 システナは6月24日、Linuxベースのモバイルプラットフォーム「TIZEN」搭載の10.1インチタブレットを日本で初めて開発したと発表した。

 TIZENは、プラットフォームがオープンソースとして提供されているOS。様々なモバイル端末向けに設計されているほか、アプリケーションがHTML5ベースのため開発が容易であり、コスト低減が期待できるという。

 TIZEN Ver.2.0を搭載した10.1型のタブレット。メインディスプレイに、1920×1200ドットのWUXGA液晶パネルを採用する。CPUにはARM Cortex-A9 1.4GHz Quad Coreを搭載するほか、メモリはRAM 2GB、ROM 32GBを内蔵した。無線LANはIEEE 802.11 b/g/nに対応。カメラ機能はフロントが30万画素、バックが200万画素を装備する。また、インターフェースにmicroSDをそなえる。

 なお、今後TIZEN Ver.2.1の実装のほか、操作性の向上や、ウェブアプリケーション、クラウドを想定した開発を続け、TIZEN IVIの対応も進めていくとしている。

 10月23日より幕張メッセにて開催される「第3回スマートフォン&モバイルEXPO 秋」へ出展予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン